検索:

トップ > 講座詳細


講座詳細情報

申し込み締切日:2020-01-25 / その他教養:日本史 / 学内講座コード:記1

井上円了没後100周年記念講座 1 <学長土曜講座>「東洋大学の創立者・ 井上円了の哲学・思想」

主催:東洋大学社会貢献センター(エクステンション課)東洋大学 白山キャンパス(東京都)]
問合せ先:東洋大学社会貢献センター(エクステンション課)/【公開講座】TEL:03-3945-7635、【資格講座】TEL:03-3945-7658
開催日
2019年 5月25日(土)~2020年 1月25日(土)
講座回数
全5回
時間
10:40~12:00(80分)
講座区分
通年 
入学金
 - 
受講料
 - 
定員
100
補足
※この講座の申し込みは既に締め切りました。

講座詳細

【講座の到達目標】東洋大学の創立者・井上円了の生涯と思想を理解し、円了の思想が自己にとって持つ意味を考え、またそれが現代社会にどのような意味があるかを考察して、円了への理解を深める。

井上円了は、慈光寺という真宗の寺院に長男として生まれ、東京大学で哲学を学び、明治20(1887)年に「私立哲学館」を創設して、以後、教育活動に挺身した。哲学を重視するとともに、仏教学も深く修め、仏教思想の哲学的な究明を展開し、当時、委縮していた仏教界の復興に大きな影響を与えた。のみならず倫理学、宗教学、心理学、教育学等の分野でも数々の研究成果を発表し、近代日本の人文学系学問の草分け的存在であった。さらに超学際的研究による妖怪学の一大学問体系を構築し、あらゆる不思議現象の解明にも努めた。また、円了の教育理念は、今日の高等教育の潮流を先取りしたものであったと言える。生涯に三たび世界旅行を敢行し、後年は全国で講演活動を展開し、その数は五千回以上にものぼって、その行動力においても並外れたものがあった。井上円了は大正8(1919)年、大連で講演中に倒れ、逝去してから、今年は没後100周年に当たる。そこでこの節目の年に、円了の哲学・思想を顧み、その現代における意義等について考える機会を提供したいと思う。

【スケジュール】
第1回 5月25日(土) 井上円了の生涯と、その生涯における仏教や哲学などとの関係について学びます。
第2回 7月27日(土) 井上円了の哲学に対する見方・考え方について学びます。
第3回 9月21日(土) 井上円了の仏教に対する見方・考え方について学びます。
第4回 11月30日(土) 井上円了の妖怪学の内容とその意義について学びます。
第5回 1月25日(土) 井上円了の教育理念を学び、その今日の高等教育における意義について学びます。

備考

※受講証は発送いたしません

申込期間:定員になり次第締め切ります

講師陣

名前 竹村 牧男
肩書き 東洋大学学長
プロフィール

関連講座

質問する

↑ページの先頭へ

© 2017 Second Academy Co.,Ltd All rights reserved.