検索:

トップ > 講座詳細


講座詳細情報

申し込み締切日:2018-04-20 / 音楽 / 学内講座コード:201801

パイプオルガン初級講座 part.2(全8回)~教会暦を学びつつコラールを歌い、オルガンを弾きましょう~

主催:東京純心大学東京純心大学 大学校舎(東京都)]
問合せ先:東京純心大学 地域共創センター
開催日
5月8日(火)、6月12日(火)、
7月10日(火)、10月9日(火)、
11月13日(火)、12月11日(火)、
平成31年1月15日(火)、2月12日(火)
講座回数
8
時間
10:40~12:20
講座区分
数回もの 
入学金
 - 
受講料
16,000円
定員
5
その他
実技生:5名(応募多数の場合、抽選とさせて頂きます)
聴講生:定員なし(1,000円)
実技生受講条件:バッハの2声のインヴェンションまたは讃美歌(4声)が難なく弾ける程度の鍵盤楽器の経験がある方
実技生お申込み期限:4月20日(金)まで
補足

講座詳細

教会暦にちなんだ聖歌・讃美歌を取り上げ、まず歌い、歌詞の内容を理解した上で、その旋律にもとづくコラール編曲(オルガン曲)を弾きましょう。歌詞と音型との関係についても取り上げる予定です。

各回のテーマは、第1回:復活節、第2回:聖霊降臨節、第3回:聖母訪問(マニフィカト)、第4回:三位一体節、第5回:待降節、第6回:降誕節、第7回:公現節、第8回:受難節(四旬節)
※昨年度とは異なるコラールを選曲します。

【講師からみなさまへ】
教会で奏楽をされている方、これから奏楽をしたいと思っていらっしゃる方の受講を歓迎いたしますが、教会音楽やオルガン音楽に関心をお持ちの方もどうぞご参加ください。グループレッスン形式ですので予め課題曲の練習を十分になさって講座に臨んでください。

備考

※対象
高校生以上
受講条件:バッハの2声のインヴェンションまたは讃美歌(4声)が難な
く弾ける程度の鍵盤楽器の経験がある方

※定 員
実技生:5名  聴講生:定員なし
実技受講は応募多数の場合、抽選とさせていただきます

※会場
東京純心大学(江角記念講堂)

※持ち物
筆記用具、課題曲の楽譜(事前に送付いたします)、ペダルを使用する曲を演奏される方はオルガンシューズ(お問い合わせください)


講師陣

名前 米沢(鏑木)陽子
肩書き 東京純心大学看護学部教授
プロフィール 東京芸術大学大学院博士後期課程(古楽科バロックオルガン専攻)修了。学位論文『ザムエル・シャイト タブラトゥラ・ノヴァ研究-その成立過程と鍵盤音楽史における意義』により博士号(音楽)を取得。主たる研究領域は16-18世紀ドイツのオルガン音楽。カトリック山手教会、目黒教会オルガニスト。日本オルガニスト協会、日本オルガン研究会、キリスト教礼拝音楽学会、日本音楽学会会員。

関連講座

質問する

↑ページの先頭へ

© 2017 Second Academy CO.,LTD All right reserved.