検索:

トップ > 講座詳細


講座詳細情報

申し込み締切日:2021-11-11 / その他外国語 / 学内講座コード:A2111001

【水19:30】アカン語初級II(ガーナ) 一般受付(4)10/21(木)10時~

主催:東京外国語大学東京外国語大学 オンライン講座(東京都)]
問合せ先:東京外国語大学
開催日
12月01日(水) ~ 03月02日(水)
講座回数
12回
時間
19:30~21:00
講座区分
後期 
入学金
 - 
受講料
20,200円
定員
25
補足
資料を請求する
※この講座の申し込みは既に締め切りました。

講座詳細

【講座内容】
アカン語(チュイ語)は、西アフリカガーナの最大の現地語で、ほぼガーナ全土で共通語として話される言語です。ガーナの公用語は英語ですが、特に地方では英語の話せない人も多いので、アカン語はガーナで最も通じる言語です。
本講座では、アカン語の発音(特に声調)、語彙、文法を学習しながら、初級~初中級レベルのアカン語を身につけることを目指します。現地の生活がうかがえるような内容、そのまま使えそうな自然な表現を取り入れ、楽しく学習したいと思います。


お申込み前にこちらをご確認ください
◆受講案内(受講規約)◆
◆オンライン講座に係る環境準備◆
◆よくある質問◆

【重点を置く学習内容】
発音(特に声調)、文法、スピーキング、リスニング

備考

【受講対象者】
アカン語初級者

【テキスト】
古閑恭子、サミュエル・アンポンサー『Let’s study Akan!(2009年度言語研修「アカン語」テキスト)』http://repository.tufs.ac.jp/handle/10108/95123

【備考】
本講座の一般受付期間は次のとおりです。

【一般受付期間】(4)2021年10月21日(木)10:00~2021年11月10日(水)23:59

※「講座スケジュール」の内容は授業の進捗状況により変更する場合がございます。予めご了承ください。

※定員の充足状況の変化や、休講・補講等がある場合があります。

 お申込の際は、リンク先の主催校のホームページをご確認下さい。

講師陣

名前 古閑 恭子
肩書き 高知大学教授
プロフィール 熊本県生まれ。博士(学術)。1999年よりガーナ共和国にてアカン諸語の調査に従事。主な著作にMa yensua Twii! (AA研言語研修教材。サミュエル・アンポンサと共著)、An Akan Vocabulary(ILCAA Tokyo University of Foreign Studies)など。
名前 アンポンサー サミュエル
肩書き 東京国際大学准教授
プロフィール 1976年ガーナ共和国アシャンティ州クマシ生まれ。埼玉大学教養学部非常勤講師。博士(経済学)。
資料を請求する
質問する

↑ページの先頭へ

© 2017 Second Academy Co.,Ltd All rights reserved.