検索:

トップ > 講座詳細


講座詳細情報

申し込み締切日:2018-06-29 / 英語(初級):哲学 / 学内講座コード:106

英語で読む哲学(初級):運命論に触れる

主催:東洋英和女学院大学東洋英和女学院大学 横浜キャンパス(神奈川県)]
問合せ先:東洋英和女学院大学 生涯学習センター TEL:045-922-9707
開催日
7/17 7/24 7/31 8/21 8/28 9/4 9/11
講座回数
7回
時間
火13:10~14:40
講座区分
前期 
入学金
 - 
受講料
14,000円
定員
20
その他
※受付開始日3月1日(木)~
補足
※この講座の申し込みは既に締め切りました。

講座詳細

 伝統的に哲学者たちが論じてきた話題の一つである「運命論」について、英文を通して考えます。テキストとして取り上げるのは哲学の入門書の一部分ですが、知的興味を刺激する読み物でありつつ、哲学者の論述スタイルも味わえるものになっています。哲学の英文読解を通して、議論展開を把握する練習の機会や、日常生活を豊かにする機会を提供します。哲学の基礎知識は不要ですが、「運命」や「自由」に謎を感じとれる方を歓迎します。
 
テキスト:Richard Taylor, “Fate” (in his Metaphysics (Foundations of Philosophy Series), 4th edition, Prentice-Hall, 1992, ch. 6).(講座で実際に扱う英文はこちらで用意します。)

講座内容:学期完結

講師陣

名前 壁谷 彰慶
肩書き 本学非常勤講師
プロフィール 1976年生まれ。千葉大学文学部卒業、同大学院社会文化科学研究科修了(文学博士)。東洋英和女学院大学などで非常勤講師を務める。専門は哲学・倫理学・情報倫理学。主に自由意志や行為者性について、英語圏の先行研究を手がかりに、基礎概念の反省を行う研究を進めている。論文に「はしごをけっとばす―規則遵守論と懐疑論」(『哲学の探求』29号)ほか、共著に『英語で読む哲学』(研究社)、共訳に『君はいま夢を見ていないとどうして言えるのか』(春秋社)、『人間にとって善とは何か』(筑摩書房)がある。

講師陣の著書 (アマゾンWEBサービスを利用しております。)※一部一致しない場合がございます

君はいま夢を見ていないとどうして言えるのか―哲学的懐疑論の意義 (現代哲学への招待Great Works)
君はいま夢を見ていないとどうして言えるのか―哲学的懐疑論の意義 (現代哲学への招待Great Works)
バリー・ストラウド (著)
Barry Stroud (著)
永井 均 (著)
岩沢 宏和 (著)
壁谷 彰慶 (著)
清水 将吾 (著)
土屋 陽介 (著)
価格: (税込)
出版社:春秋社(2006-06)

関連講座

質問する

↑ページの先頭へ

© 2017 Second Academy CO.,LTD All right reserved.