検索:

トップ > 講座詳細


講座詳細情報

申し込み締切日:2017-09-15 / 世界史 / 学内講座コード:104

シルクロード文化史:西アジアから日本まで

主催:東洋英和女学院大学東洋英和女学院大学 横浜キャンパス(神奈川県)]
問合せ先:東洋英和女学院大学 生涯学習センター TEL:045-922-9707
開催日
9/20、9/27、10/4、10/11、10/18、10/25、11/8、11/15、11/29、12/6、12/13、12/20、1/10、1/17
講座回数
14回
時間
水13:10~14:40
講座区分
後期 
入学金
 - 
受講料
28,000円
定員
20
その他
※受付開始日8月21日 ~
補足
※この講座の申し込みは既に締め切りました。

講座詳細

 開講3年目となる今期は、これまで扱ったテーマを深化させる意味で、研究の発展を援けた諸発見やエピソードも多分に織り込む予定です。古代文字の解読、古銭学上の大発見、考古学の光と影など、これまで時間の関係で殆ど触れられなかった問題です。地域的にも、これまで扱った西アジアから日本までの「陸のシルクロード」、紅海からインドを経て東南アジアまで延びる「海のシルクロード」に加え、東ヨーロッパからモンゴルへと続く所謂「草原のシルクロード」も取り上げる予定です。仏教、バラモン=ヒンドゥー教、ゾロアスター教、シリア(ネストリウス派)キリスト教(景教)、マニ教などに加え、古代ギリシア・ローマの宗教や神秘派イスラームの問題にも触れたいと思います。画像を多用した講座である点はこれまでと変わりません。

講座内容:学期完結

講師陣

名前 藤原 達也
肩書き 本学非常勤講師
プロフィール 慶應義塾大学文学部史学科卒、同大学院民族学考古学専攻博士課程単位取得退学。インド=イラン境界域(パキスタン・アフガニスタン)を主フィールドとする歴史・考古・図像学研究が専門。同地域での少数民族の宗教人類学研究を含め、トルコ、中央アジア、東南アジア、インドネシア等でのフィールドワーク多数。共著『クロニック世界全史』(講談社)、『原インドの世界』(東京美術)、『古代オリエント事典』(岩波書店)、『仏教美術事典』(東京書籍)、『太陽神の研究』『生と死の神話』(ともにリトン)他、ガンダーラ関係の論文も多数(「ブッダの帰還: ガンダーラにおける仏像の起源について」、本学・死生学研究所年報2012所収、等々)。

関連講座

質問する

↑ページの先頭へ

© 2017 Second Academy CO.,LTD All right reserved.