検索:

トップ > 講座詳細

資料請求リスト



講座詳細情報

申し込み締切日:2017-02-24 / デジカメ・写真 / 学内講座コード:1641320

7つのキーワードから読み解く「写真史」

主催:藝術学舎(京都造形芸術大学・東北芸術工科大学)東京藝術学舎 外苑キャンパス(東京都)]
問合せ先:藝術学舎 TEL:0120-530-920
開催日
2月25日(土)、 2月26日(日)、
講座回数
8回
時間
1日目11:00~17:00、2日目9:30~16:10
講座区分
その他 
入学金
 - 
受講料
16,000円
定員
60
その他
京都造形芸術大学通信教育部(在学生・卒業生)、京都造形芸術大学通学生(在学生・卒業生)、東北芸術工科大学(在校生・卒業生)、京都造形芸術大学教職員、東北芸術工科大学教職員の受講料は、14400円
補足

講座詳細

【講座内容】
写真は19世紀に発明された比較的新しい技術であり、その歴史は200年に満たない。しかし、新聞や雑誌などのマス・メディアと結びついて社会の変化を記録し、伝える一方、芸術表現においては絵画の地位を脅かし、のちに現代美術の重要なメディウムの一つとなりました。そして何より、私たちの日常を記録するメディアとしてなくてはならないものになっています。なぜ、写真はかくも私たちを魅了するのか。本講座では写真史を大づかみするために7つのキーワードを設定し、写真表現がどのように社会や芸術と結びついてきたかを検討します。

対象:全対象/「写真を通して社会、芸術の変遷を読む力」を身につけたい方

<1日目講座概要>
1827年にニエプスによって窓の外の写真が撮影されたとき、その露光には8時間以上かかったと言われています。それから急速に発展した写真術は、その正確な描写力、記録性によってたちまち人々を魅了しました。そして、印刷と結びつくことで影響力を拡大していきました。

<2日目講座概要>
写真術が成熟し、多様化を増していった「戦後」に焦点を当てます。メディアで見るだけでなく、誰でも手軽に写真を撮れるようになったとき、写真表現はさらに多様化していきます。アマチュア、美術家といった職業写真家以外の表現者がカメラを持ったとき、写真はどう変わったでしょうか。

【講座スケジュール】
第1回 2月25日(土) 11:00~12:20 講師:タカザワ ケンジ 講義
 内容:「発明」 写真はどのように発明されたか。その時代背景、メカニズム、写真表現の初期を解説する。

第2回 2月25日(土) 13:20~14:40 講師:タカザワ ケンジ 講義
 内容:「絵画」 初期の写真表現は「絵画」に近づこうとしていました。彼らが写真で描こうとした「絵」とは。

第3回 2月25日(土) 14:50~16:10 講師:タカザワ ケンジ 講義
 内容:「記録」 古き良きパリを撮影したアッジェは近代写真の父と言われています。その「新しさ」とは何か。

第4回 2月25日(土) 16:20~17:00 講師:タカザワ ケンジ 講義
 内容:1日目のまとめ。19世紀から20世紀初頭にかけて著しい進化を遂げ、現代の写真表現の基礎になっているさまざまな表現手法を振り返ります。

第5回 2月26日(日) 09:30~10:50 講師:タカザワ ケンジ 講義
 内容:「報道」 写真は新聞、雑誌に掲載され大衆化しました。写真は時代の何を伝えたのか。

第6回 2月26日(日) 11:00~12:20 講師:タカザワ ケンジ 講義
 内容:「リアリズム」 戦後、日本ではリアリズム写真運動が起きました。写真におけるリアリズムとはどんなものか。

第7回 2月26日(日) 13:20~14:40 講師:タカザワ ケンジ 講義
 内容:「現代美術」 いまや、写真を抜きにして現代美術は語れません。写真と美術の関係の変遷を追う。

第8回 2月26日(日) 14:50~17:10 講師:タカザワ ケンジ 講義
 内容:「デジタル」 デジタル写真は、銀塩写真の歴史とどう関わりがあるのでしょうか。講座のまとめとして検討します。

備考

○持参物は、受講票送付時(開講2週間程前)の書類でご確認ください。

講師陣

名前
タカザワ ケンジ
肩書き
写真評論家、ライター
プロフィール
1968年群馬県生まれ。早稲田大学第一文学部卒業。写真評論のほか、写真家へのインタビュー、撮影ルポを執筆。『アサヒカメラ』『IMA』『芸術新潮』『美術手帖』などに寄稿。『Study of PHOTO - 名作が生まれるとき』(ビー・エヌ・エヌ新社)日本語版監修。『富谷昌子写真集 津軽』(HAKKODA)、『渡辺兼人写真集 既視の街』(AG+GALLERY、東京綜合写真専門学校出版局)ほかに解説を寄稿。写真家MOTOKOとUSTREAMで写真対談「活動写真」を放送中。
http://www.ustream.tv/channel/wwwwwh/

講師陣の著書 (アマゾンWEBサービスを利用しております。)※一部一致しない場合がございます

挑発する写真史
挑発する写真史
金村 修 (著)
タカザワ ケンジ (著)
価格: (税込)
出版社:平凡社(2017-02-27)

関連講座

質問する

↑ページの先頭へ

Copyright 2010 Second Academy CO.,LTD All rights reserved.
セカンドアカデミー スペシャルサンクス