検索:

トップ > 講座詳細

資料請求リスト



講座詳細情報

申し込み締切日:2017-01-18 / 芸術:その他教養 / 学内講座コード:A-249-2

歌舞伎を観る

主催:淑徳大学エクステンションセンター淑徳大学東京事務所・エクステンションセンター(東京都)]
問合せ先:エクステンションセンターTEL: 03-5979-7061
開催日
1月19日(木)、 1月26日(木)、 2月 2日(木)、 2月16日(木)、 3月 2日(木)、 3月16日(木)
講座回数
6回
時間
09:30~11:00
講座区分
後期 
入学金
 - 
受講料
10,000円
定員
50
その他
受講料は一般価格。その他の方の価格はお問い合わせください。
補足
資料を請求する
※この講座の申し込みは既に締め切りました。

講座詳細

【講座内容】
今、歌舞伎はブームです。しかし、実際に見るとなると、ちょっと敷居が高いなと思っていらっしゃる方も多いでしょう。この講座では、歌舞伎を頭で理解するのではなく、心で感じることをめざします。
今期は、ビデオなども使いながら、歌舞伎をさまざまな側面から、アプローチしてみようと思います。

【講座スケジュール】
第1回 1月19日(木) 09:30~11:00 講師:北潟 喜久
 内容:梨園のお正月
 
第2回 1月26日(木) 09:30~11:00 講師:北潟 喜久
 内容:観劇会 通し狂言「しらぬい譚」(別途お申し込み F-204-2)
 
第3回 2月 2日(木) 09:30~11:00 講師:北潟 喜久
 内容:江戸の歌舞伎 ― 荒事
 
第4回 2月16日(木) 09:30~11:00 講師:北潟 喜久
 内容:上方の歌舞伎 ― 和事
 
第5回 3月 2日(木) 09:30~11:00 講師:北潟 喜久
 内容:市川団十郎家の代々
 
第6回 3月16日(木) 09:30~11:00 講師:北潟 喜久
 内容:歌舞伎十八番の成立
 

備考

1月26日の観劇会は、別途お申し込みとなります。内容はF-204-2をご覧ください。

講師陣

名前
北潟 喜久
肩書き
芸能研究家
プロフィール
芸能研究家。芸能学会常任理事。
国立劇場で古典芸能後継者養成の教務、古典芸能の調査研究、歌舞伎公演の制作業務など担当。現在は古典芸能、民俗芸能関係の執筆、講演を行っている。【共 著】『日本文芸史─中世』、『別冊太陽─歌舞伎図鑑』、『歌舞伎の名舞台─義経千本桜』、『ポプラディア情報館−伝統芸能』等がある。

現在は古典芸能、民俗芸能関係の執筆、講演を行っている。
【共 著】『日本文芸史─中世』、『別冊太陽─歌舞伎図鑑』、『歌舞伎の名舞台─義経千本桜』、『ポ
プラディア情報館−伝統芸能』等がある。
資料を請求する

関連講座

質問する

↑ページの先頭へ

Copyright 2010 Second Academy CO.,LTD All rights reserved.
セカンドアカデミー スペシャルサンクス