検索:

トップ > 講座詳細


講座詳細情報

申し込み締切日:2019-01-25 / 芸術:世界史 / 学内講座コード:20181903

美術史を楽しむ(西洋編) スペイン中世:美術の現場 荒野の修道院で生み出される写本挿絵(秋期)

主催:清泉女子大学清泉ラファエラ・アカデミア(東京都)]
問合せ先:清泉ラファエラ・アカデミアセンター TEL:03-3447-5551
開催日
12/22,1/12,1/26
講座回数
3
時間
13:30~15:00
講座区分
数回もの 
入学金
3,000円
受講料
6,900円
定員
60
補足
講座を申し込む

講座詳細

情熱の国スペイン。その源は、ピカソが「魂の創意と深い瞑想に誘う豊かな感情が、烈しくも力強く、説得力をもって表されている」と絶賛した中世キリスト教美術に見出されます。当時の修道士たちは、「レコンキスタ」の厳しい戦時下にあっても、営々として聖書写本を作り、確信に満ちて、鮮やかで輝かしい挿絵を描いていました。そうした写本群が制作され、読まれていた修道院は、今日も隔絶の荒野のなかに静かに息づいています。各地の修道院を訪ね、歴史を遡りながら、スペイン中世美術(10-13世紀頃)に宿る、一途で敬虔な精神を追及してゆきます。

12/22 バルカバード修道院~失われた遺跡
1/12 エスカラーダ修道院~修道士たちのこころ
1/26 アローヨ修道院~息づく女子修道院

備考

テキスト:必要に応じてプリントを配布
講義形式

講師陣

名前 安發 和彰
肩書き 聖心女子大学非常勤講師
プロフィール
講座を申し込む

関連講座

質問する

↑ページの先頭へ

© 2017 Second Academy CO.,LTD All right reserved.