検索:

トップ > 講座詳細


講座詳細情報

申し込み締切日:2018-07-06 / 芸術:世界史:その他教養 / 学内講座コード:20187101

一日講座 ル・トロネの建築を読む シトー会の無装飾ロマネスク建築のメッセージ(春期)

主催:清泉女子大学清泉ラファエラ・アカデミア(東京都)]
問合せ先:清泉ラファエラ・アカデミアセンター TEL:03-3447-5551
開催日
7/7
講座回数
1
時間
10:40~12:10
講座区分
1回もの 
入学金
 - 
受講料
1,500円
定員
100
補足
※この講座の申し込みは既に締め切りました。

講座詳細

ロマネスクの教会堂は彫刻・壁画などの装飾で飾られ、装飾が私たちに霊性を語ります。装飾はロマネスクの教会建築の重要な要素です。しかし、12 世紀末、聖ベルナールで知られるシトー会修道院は、彼らの宗規に従って、装飾が非常に限られた極端に簡素なロマネスク建築を建てました。霊性を直接語る装飾もなく、一見倉庫とも見紛うシトー会の修道院建築は、それでもそこは聖なる空間です。装飾を制限したが故に、霊性を一層純粋に建築で表していると言えます。シトー会建築の中でも、無装飾性と厳格さと幾何学性で際立つ南仏プロヴァンスに建つ有名なル・トロネ修道院を例に、ロマネスク建築はどのように霊性を伝えるのかを読み取ってみます。

備考

一日講座は、講師の専門分野をテーマとした多彩な内容を、一回だけで気軽に学べる講座です
※受講料の10%を「あしなが育英基金」に寄付いたします。

講師陣

名前 西田 雅嗣
肩書き 京都工芸繊維大学大学院 デザイン・建築学系 教授
プロフィール

関連講座

質問する

↑ページの先頭へ

© 2017 Second Academy Co.,Ltd All rights reserved.