検索:

トップ > 講座詳細


講座詳細情報

申し込み締切日:2018-07-06 / 世界史:その他教養 / 学内講座コード:20181301

知りたい世界史 シルクロード 絹の道の現在と過去(春期)

主催:清泉女子大学清泉ラファエラ・アカデミア(東京都)]
問合せ先:清泉ラファエラ・アカデミアセンター TEL:03-3447-5551
開催日
4/28,5/12,5/19,6/2,6/9,6/30,7/7,
7/14
講座回数
8
時間
13:00~14:30
講座区分
数回もの 
入学金
3,000円
受講料
18,400円
定員
60
補足
※この講座の申し込みは既に締め切りました。

講座詳細

19世紀末期、ドイツの地理学者リヒトホーフェンは、中国で作られた絹をはるばる西域の砂漠と草原を越えてローマ帝国まで運んだ通路を、ザイデン・シュトラーセン(絹街道)と呼んだ。これを英訳するとシルクロードとなり、以来大変有名になった。ただこのルートは絹製品ばかりでなく、あらゆる交易品が運ばれた。ただここはあくまで陸上のルートであったが、いま一つ西方へインド洋を抜けて中東方面に行く海のシルクロードもあった。ここは宝石や香辛料を運んだルートで、この古代の交易ルートを、中国は一帯一路―真珠の首飾りルートと呼ぶようになった。新しい時代の到来でもあろう。

4/28 新しいシルクロード観
5/12 一帯一路構想とは
5/19 日本文化に及ぼした絹の道
6/2 海のシルクロードの再発見
6/9 食文化を変えた香辛料
6/30 古代日本とペルシア
7/7 茶の道の発見
7/14 トルキスタンと西域

備考

テキスト:必要に応じてプリントを配布

講師陣

名前 金子 民雄
肩書き 歴史家
プロフィール

関連講座

質問する

↑ページの先頭へ

© 2017 Second Academy Co.,Ltd All rights reserved.