検索:

トップ > 講座詳細


講座詳細情報

申し込み締切日:2019-10-17 / その他教養 / 学内講座コード:2131

日本の宗教と思想−鎖国・開国・敗戦を越えて

主催:上智大学上智大学公開学習センター(東京都)]
問合せ先:TEL:03-3238-3552 【開講期間】 平日 12:30~21:00 土曜日 10:00~11:30/12:30~16:30 【講座のない期間】 平日 9:30~11:30/12:30~17:00
開催日
10/3-11/21(木)
講座回数
8
時間
19:10-20:40
講座区分
数回もの 
入学金
 - 
受講料
21,600円
定員
40
補足
講座を申し込む 資料を請求する

講座詳細

第一部「鎖国を越えて」は、「キリシタン時代」に日本文化を尊重し「適応主義」をとったイエズス会宣教師たちと日本人キリスト者達の共同作業の足跡を辿ります。キリスト教と茶道との深い結びつきを、日比屋了慶一家とザビエルとの出会からはじめ、禅的行道を茶の湯で表現した千利休の「佗茶」をキリスト教の霊性と統合した高山右近を通じてキリスト教に触れた利休の弟子達を論じます。また右近と同じく国外追放の難民となりながらも、単身でエルサレムに巡礼しローマで司祭の資格を得ながらも、鎖国の日本に戻り殉教したペトロ・岐部を論じます。
 第二部「開国を越えて」は、西郷南州の西欧文明の批判とその座右の銘「敬天愛人」の思想的ルーツを辿り、中村敬宇の儒教的キリスト教の源流となった中江藤樹の思想を取り上げます。さらに文明開化と西洋帝国主義の模倣を批判した内村鑑三の無教会主義運動の意味をカトリックの立場から考察します。
 第三部「敗戦を越えて」では、京都学派の思想、とくに西田幾多郎の宗教哲学、田辺元の「懺悔道と菩薩道」をキリスト教の観点から論じます。

<参考書>(必須ではないが、講読により理解が深まるもの)
『代表的日本人』Representative Men of Japan 対訳
著 者:内村鑑三〔稲村和夫監訳〕
出版社:講談社
ISBN:4-7700-2928-4

備考

※講座申込 予約期間:8月27日(火)10:00~

講師陣

名前 【講師】田中 裕
肩書き 上智大学名誉教授
プロフィール 【講師】田中 裕
専攻分野/宗教哲学・科学哲学
著作/『逆説から実在へ(科学哲学・宗教哲学論考)』
ホームページアドレス/ https://www.facebook.com/yutaka.tanaka.1291
講座を申し込む 資料を請求する

関連講座

質問する

↑ページの先頭へ

© 2017 Second Academy Co.,Ltd All rights reserved.