検索:

トップ > 講座詳細


講座詳細情報

申し込み締切日:2020-01-23 / 自然科学・環境 / 学内講座コード:”1941T002

江戸前の海、魚から気候変動と持続可能な開発を考える ~エネルギーと環境~

主催:首都大学東京首都大学東京 飯田橋キャンパス(東京都)]
問合せ先:首都大学東京オープンユニバーシティ事務室 TEL:03-3288-1050
開催日
1月24日(金)~1月31日(金)
講座回数
2回
時間
17:00~18:30
講座区分
数回もの 
入学金
3,000円
受講料
5,000円
定員
20
補足
※この講座の申し込みは既に締め切りました。

講座詳細

【講座内容】
江戸・東京の「まち」と「ひと」シリーズの一環として、今回は、環境、特に気候変動に焦点を当てて、江戸前の海と魚への影響と変化への適応についてとりあげます。
特にローカルな江戸前の海とそこに生息するなじみの深い魚や貝などの水産生物を例として取り上げ、それらの近年の変化と地球規模の気候変動の関係について解説します。具体的な例を示しながら、変化に適応しつつ海や水産資源からみた持続可能な開発・利用に必要な事柄を明らかにし、自分はどう行動するのかを受講者一人一人に考えていただく一助としたいと考えます。

【講座スケジュール】
第1回 01-24 17:00~18:30
第2回 01-31 17:00~18:30

備考

単位数:1単位

講師陣

名前 中田 薫
肩書き 国立研究開発法人水産研究・教育機構理事
プロフィール 1984年水産庁入庁、東海区水産研究所(現 国立研究開発法人水産研究教育機構中央水産研究所)にて、水産資源の生息環境と水産資源変動メカニズム解明の研究等に従事。 2009年海洋生産部長、2011年研究主幹として海洋研究、放射能関係を含む東日本大震災対応研究を統括。2016年より現職。
博士(農学)
学術会議連携会員、水産政策審議会企画部会特別委員等、国や地域の各種委員に就任。
1993年日本海洋学会日高論文賞、2003年水産海洋学会宇田賞
質問する

↑ページの先頭へ

© 2017 Second Academy Co.,Ltd All rights reserved.