検索:

トップ > 講座詳細


講座詳細情報

申し込み締切日:2019-07-04 / IT:その他教養 / 学内講座コード:”1921G002

よくわかるソーシャルビッグデータサイエンス ソーシャルデータ、ビッグデータ、オープンデータの利活用

主催:首都大学東京首都大学東京 飯田橋キャンパス(東京都)]
問合せ先:首都大学東京オープンユニバーシティ事務室 TEL:03-3288-1050
開催日
7月5日(金)~7月26日(金)
講座回数
4回
時間
18:30~20:00
講座区分
その他 
入学金
3,000円
受講料
10,000円
定員
20
補足
※この講座の申し込みは既に締め切りました。

講座詳細

【講座内容】
まさにこの瞬間も現代の情報洪水は、社会の様々なところで大量の情報を生み出し続けています。こうして生み出されるデータをビッグデータといい、そこには実世界由来のデータやソーシャルメディア由来のデータが含まれます。人間行動・関心に注目して、これらを時間や場所に基づいて統合的に分析することで、従来の分析では得られないような価値を発見し、それを観光やモビリティサービスなどの多様な応用に活かすことが期待できます。本講座では具体的事例を通して実世界データやソーシャルデータを用いてどのように仮説を構築し分析するか、さらにそれらを支える技術群として機械学習やデータマイニングの技術を説明します。

【講座スケジュール】
第1回 07-05 18:30~20:00
第2回 07-12 18:30~20:00
第3回 07-19 18:30~20:00
第4回 07-26 18:30~20:00

備考

※テキストは教室にて販売:『フルスタックJavaScriptとPython機械学習ライブラリで実践するソーシャルビッグデータ』石川博、横山昌平、廣田雅春(コロナ社) 3,456円(税込)
※本講座は、平成30年度春期に実施した同名講座と同じ内容です。

【対象者】
基本的なITのリテラシーを有すること

単位数:1単位

講師陣

名前 石川 博
肩書き 首都大学東京教授 システムデザイン学部
プロフィール 富士通研究所、都立大学、静岡大学を経て2013年より現職。東京大学博士(理学)。その間データベース、データマイニングの研究に従事し、現在はソーシャルビッグデータ研究に専念。情報処理学会フェロー・電子情報通信学会フェロー。著書に「データマイニングと集合知」(共立出版)など

関連講座

質問する

↑ページの先頭へ

© 2017 Second Academy Co.,Ltd All rights reserved.