検索:

トップ > 講座詳細


講座詳細情報

申し込み締切日:2018-11-11 / 健康・介護 / 学内講座コード:”1831B005

老化による筋萎縮への脳科学的アプローチ モビライゼーションPNF コンディショニングの紹介

主催:首都大学東京首都大学東京 飯田橋キャンパス(東京都)]
問合せ先:首都大学東京オープンユニバーシティ事務室 TEL:03-3288-1050
開催日
11月12日(月)
講座回数
3回
時間
13:00~17:50
講座区分
数回もの 
入学金
3,000円
受講料
7,500円
定員
30
補足
※この講座の申し込みは既に締め切りました。

講座詳細

【講座内容】
高齢者にとってはごく一般的な疾患で40歳前後から発症し75歳を過ぎる頃には深刻となるサルコペニア(筋肉減少症(sarcopenia))は、筋肉量が減少し、筋力や身体機能が低下して いる状態です。
この機序に、悪玉たんぱく質であるマイオタチンが関与し、マイオスタチンの阻害によりリスクを抑制できるということがわかってきました。 マイオスタチンの阻害のために有効な方法は、最大負荷による抵抗運動が有効な可能性が示唆されています。抵抗運動するのは大変ですが、脳科学的に効率的で有効な方法として、モビライゼーションPNF conditioningの方法と自主トレの方法を紹介します。

【講座スケジュール】
第1回 11-12 13:00~14:30
第2回 11-12 14:40~16:10
第3回 11-12 16:20~17:50

備考

単位数:1単位

講師陣

名前 新井 光男
肩書き 首都大学東京教授 健康福祉学部
プロフィール (専門分野) 理学療法 (著書) 1)新井光男:モビライゼーションPNF,メディカルプレス: pp1-216, 2009. 2) 新井光男: 痙縮・固縮.細田多穂, 柳澤 健編:理学療法ハンドブック第一巻理学療法の基礎と評価, 協同医書出版社,pp319-335, 2010.3) 新井光男: 脳血管障害(合併症): 鶴見隆正、辻下守弘編, 標準理学療法学ー臨床実習とケーススタディー. pp99-105 医学書院. 2011.
名前 白谷 智子
肩書き 理学療法士・首都大学東京客員准教授
プロフィール 神戸総合医療介護福祉専門学校 理学療法士科を卒業後、甲南病院等でリハビリテーションを担当。現在は、苑田会苑田第二病院 リハビリテーション科に在籍。本学客員准教授。
質問する

↑ページの先頭へ

© 2017 Second Academy Co.,Ltd All rights reserved.