検索:

トップ > 講座詳細


講座詳細情報

申し込み締切日:2018-07-11 / スペイン語 / 学内講座コード:1821H014

初めてのスペイン語【夏期】 初級文法講座

主催:首都大学東京首都大学東京 飯田橋キャンパス(東京都)]
問合せ先:首都大学東京オープンユニバーシティ事務室 TEL:03-3288-1050
開催日
7月12日(木)~9月27日(木)
講座回数
8回
時間
18:30~20:00
講座区分
その他 
入学金
3,000円
受講料
13,900円
定員
20
補足
※この講座の申し込みは既に締め切りました。

講座詳細

【講座内容】
本講座は、「初めてのスペイン語【春期】」(平成30年度春期実施)の継続講座であり、スペイン語の基本動詞の活用と用法、基礎的な文法事項を学びながら、スペイン語の運用能力を養うことを目指します。
文法の説明とかんたんな会話表現の紹介と運用練習に続き、テキストの練習問題を解いて理解を深めます。簡単なことなら正確に表現できる、これを目指しましょう。
まず現在完了形と現在進行形を復習し、続いて点過去形と線過去形の活用と用法を学びます。さらに、未来形と過去未来形へと進みます。日常会話で必要な語彙力・慣用的な表現も習得できます。

【講座スケジュール】
第1回 07-12 18:30~20:00
第2回 07-19 18:30~20:00
第3回 07-26 18:30~20:00
第4回 08-30 18:30~20:00
第5回 09-06 18:30~20:00
第6回 09-13 18:30~20:00
第7回 09-20 18:30~20:00
第8回 09-27 18:30~20:00

備考

※テキストは各自事前購入:『《改訂版》スペイン語のABC』坂東省次、中川節子(第三書房)2,376円(税込)
※持ち物:西和辞典(お持ちの方)

【対象者】
動詞活用の現在形と現在完了形までのスペイン語文法を学んだ経験のある方

単位数:2単位

講師陣

名前 飯田 敏彦
肩書き 宇都宮大学ほか非常勤講師
プロフィール 15世紀から17世紀にかけてのスペイン経済の歴史に興味を持って学んでいます。特に16世紀はヨーロッパ史の上では「スペインの時代」と呼ばれ、スペインは「スペイン帝国」として西ヨーロッパで絶大な影響力を誇りました。こうしたスペインの商業と金融業を軸に、この時代におけるスペイン経済の興隆と衰退の過程に光を当てるべく、カスティーリャ王国の羊毛貿易、スペイン人の商人、ジェノバ人の銀行家、アメリカ大陸との貿易などについて学んでいます。

講師陣の著書 (アマゾンWEBサービスを利用しております。)※一部一致しない場合がございます

やさしく学べる ジャズハーモニー(1) コード進行の基礎理論 耳から覚えるカセットテープ併用
やさしく学べる ジャズハーモニー(1) コード進行の基礎理論 耳から覚えるカセットテープ併用
飯田 敏彦 (著)
価格: (税込)
出版社:全音楽譜出版社(2016-02-02)
ジャズハーモニー(2)
ジャズハーモニー(2)
飯田 敏彦 (著)
価格: (税込)
出版社:全音楽譜出版社(1998-12-10)

関連講座

質問する

↑ページの先頭へ

© 2017 Second Academy CO.,LTD All right reserved.