検索:

トップ > 講座詳細


講座詳細情報

申し込み締切日:2018-07-03 / 自然科学・環境 / 学内講座コード:1821G001

都市をとらえる モデルとデータによる都市科学入門

主催:首都大学東京首都大学東京 飯田橋キャンパス(東京都)]
問合せ先:首都大学東京オープンユニバーシティ事務室 TEL:03-3288-1050
開催日
7月4日(水)~7月18日(水)
講座回数
3回
時間
15:30~17:00
講座区分
数回もの 
入学金
3,000円
受講料
7,500円
定員
30
補足

講座詳細

【講座内容】
都市を数学的なモデルとしてとらえる考え方と、データを用いた計量的分析手法の 基礎について講義します。
まず、実際の都市空間をその上で展開される人々の行動や心理のデータをもとに分析する手法について事例を交えながら講義します。次に、都市空間をある程度単純化しながら数学的にとらえていく方法の基礎を紹介します。さらに、都市における社会環境と住民の健康との関連について理論と分析手法・分析事例を紹介します。

【講座スケジュール】
第1回 07-04 15:30~17:00
第2回 07-11 15:30~17:00
第3回 07-18 15:30~17:00

備考

単位数:1単位

講師陣

名前 玉川 英則
肩書き 首都大学東京教授 都市環境学部
プロフィール 本学教授。工学博士。都市計画の基礎となる都市の諸現象のGIS分析を研究。
名前 伊藤 史子
肩書き 首都大学東京教授 都市環境学部
プロフィール 専門は都市や地域の計画と評価に関する解析的アプローチ。都市環境心理学、地理情報システム、住宅や土地に関する経済学の手法を用いた定量的評価と計画支援。主な業績は『住環境-評価方法と理論』、”GIS-Based studies in the Humanities and Social Sciences”(地理情報に基づく人文社会科学研究)、『GISで空間分析―ソフトウエア活用術』、『コンパクトシティ再考』、”New Frontiers in Urban Analysis”(都市解析の最先端)など。
名前 杉原 陽子
肩書き 首都大学東京准教授 都市環境学部
プロフィール 専門は健康社会学、社会老年学、高齢者福祉。高齢者介護の諸問題と介護保険政策、健康の社会格差、セルフ・ネグレクトなど高齢期の健康・生活上の問題把握ともに、高齢者の社会貢献やボランティア・マネジメントなど高齢者の力を活用した地域づくりについて研究している。主な著書は『介護保険制度の評価-高齢者・家族の視点から』『生涯現役の危機-平成不況下における中高年の心理』『老年学要論-老いを理解する』など。

関連講座

質問する

↑ページの先頭へ

© 2017 Second Academy CO.,LTD All right reserved.