検索:

トップ > 講座詳細


講座詳細情報

申し込み締切日:2018-12-14 / 哲学:芸術:その他教養

キリスト教美術を見る眼(1)(2)★後期申込開始★

主催:聖心女子大学キリスト教文化研究所聖心女子大学(東京都)]
問合せ先:聖心女子大学キリスト教文化研究所
開催日
(1)4/27, 5/25, 6/29, 7/27
(2)10/12, 11/16, 12/14
★途中からの受講も可能です★
講座回数
7
時間
13:30-15:00
講座区分
通年 
入学金
 - 
受講料
2,750円
定員
 - 
補足

講座詳細

キリスト教美術を見る眼(1)~スペイン中世修道院の活動を中心に~
とくにスペイン中世のキリスト教修道院における美術をめぐって、写本挿絵を中心に、建築・彫刻・工芸品なども
取り上げながら、初期中世(8~10世紀)からロマネスク時代(11~12世紀)への変遷をたどります。現代のピカソやミロ、マティスも共感を寄せた、スペイン中世美術の鮮烈な色彩、大胆で確信に満ちた形体表現が、小規模ながら充実した空間を作り出した宗教建築と響きあって、激しくも、敬虔で深い瞑想性を宿していることを見極めたいと思います。

キリスト教美術を見る眼(2)―シャルトル大聖堂の聖母像をめぐってー 
シャルトル大聖堂の聖母像をめぐって① 聖遺物《聖母マリアの衣》 ② 彫刻にみる聖母マリア像③ シャルトル・ブルーのステンドグラスにみる聖母マリア―《美しき絵ガラスの聖母》、《聖母伝》、《マグダラのマリア伝》を中心にー

備考

参考文献については適宜紹介する。

講師陣

名前 安發 和彰
肩書き 美術史家 
プロフィール キリスト教美術を見る眼(1)担当
名前 高野 禎子
肩書き 清泉女子大学教授 
プロフィール キリスト教美術を見る眼(2)担当

関連講座

質問する

↑ページの先頭へ

© 2017 Second Academy Co.,Ltd All rights reserved.