検索:

トップ > 講座詳細


講座詳細情報

申し込み締切日:2021-12-13 / 日本史:芸術・文化 / 学内講座コード:OL-21037

古文書で読む街道と宿場-草津宿本陣の雲州御用-

主催:龍谷大学 龍谷エクステンションセンター(REC)龍谷大学 オンライン(京都府)]
問合せ先:龍谷大学 龍谷エクステンションセンター TEL:075-645-7892
開催日
2021年11月26日(金)~2021年12月26日(日)
講座回数
1
時間
0:00~24:00
講座区分
1回もの 
入学金
 - 
受講料
1,320円
定員
100
補足
※この講座の申し込みは既に締め切りました。

講座詳細

江戸時代の宿場において大名などの休泊に供された本陣。草津宿には2軒の本陣がありましたが、そのうち現存する田中七左衛門本陣は、出雲国松江藩松平家のお定め本陣を勤めていました。また、松江藩では江戸と国元を結ぶ大名飛脚の取次処を7里ごとに設けていましたが、草津では七左衛門本陣がその取次を担っていました。これらに関する古文書を実際に読みながら、雲州御用の取次所としての様相を探っていきます。

講師陣

名前 八杉 淳
肩書き 草津市立草津宿街道交流館館長 兼史跡草津宿本陣館長
プロフィール 近世交通史専攻。近世の街道や宿場、旅の実際などをテーマに研究。著書に『近江の宿場町』(サンライズ出版)・『宿場春秋~草津宿史話』(角川書店)・『古地図で楽しむ近江』(共著 風媒社)など
質問する

↑ページの先頭へ

© 2017 Second Academy Co.,Ltd All rights reserved.