検索:

トップ > 講座詳細


講座詳細情報

申し込み締切日:2021-12-13 / 日本史:芸術・文化 / 学内講座コード:OL-21036

近江東海道の宿場-宿場のはたらき・人馬継立-

主催:龍谷大学 龍谷エクステンションセンター(REC)龍谷大学 オンライン(京都府)]
問合せ先:龍谷大学 龍谷エクステンションセンター TEL:075-645-7892
開催日
2021年11月26日(金)~2021年12月26日(日)
講座回数
1
時間
0:00~24:00
講座区分
1回もの 
入学金
 - 
受講料
1,320円
定員
100
補足
※この講座の申し込みは既に締め切りました。

講座詳細

道の国・近江。なかでも江戸と京・大坂を結ぶメインルートであった東海道。江戸時代に伝馬制が布かれ、街道整備や街道を往来する旅人へホスピタリティを提供する宿場が整備されました。宿場には、旅人への休泊施設の提供はもとより、伝馬制という荷物の継立を担うという役割を有していました。実際に近江の宿場では、どのような日々を送っていたのかを具体的に紹介していきます。

講師陣

名前 八杉 淳
肩書き 草津市立草津宿街道交流館館長 兼史跡草津宿本陣館長
プロフィール 近世交通史専攻。近世の街道や宿場、旅の実際などをテーマに研究。著書に『近江の宿場町』(サンライズ出版)・『宿場春秋~草津宿史話』(角川書店)・『古地図で楽しむ近江』(共著 風媒社)など
質問する

↑ページの先頭へ

© 2017 Second Academy Co.,Ltd All rights reserved.