検索:

トップ > 講座詳細


講座詳細情報

申し込み締切日:2020-02-08 / 日本史 / 学内講座コード:316030e

『葉隠』と中世軍記史料 【連続講座】武士の権力論 第八弾 全7回

主催:武蔵野大学 生涯学習事業課武蔵野大学 千代田サテライト教室(東京都)]
問合せ先:武蔵野大学 生涯学習事業課 TEL:042-468-3222
開催日
2月 9日(日)
講座回数
1回
時間
13:00~14:30
講座区分
1回もの 
入学金
 - 
受講料
1,500円
定員
50
補足
講座を申し込む 資料を請求する

講座詳細

【講座内容】
江戸時代中期に成立した『葉隠』は、隠居した佐賀藩士山本常朝の語りを当時の佐賀藩士であった田代陣基が聞き取り編集したもので、写本は佐賀県内数所に伝わるのみの書物ですが、「武士道といふは、死ぬ事と見付けたり」という有名な一文とともに常朝の理想とする武士の姿を藩主・藩士の多様な挿話や史料の引用によって紹介したものです。本書のなかで常朝は近世を生きる武士の在るべき姿を語りますが、その比較として中世に成立した軍記物に描かれる武将の挿話が引用されています。戦場における生き様を描いた中世の軍記史料が、戦場での活躍から離れた近世の武士によってどのようにとらえられ紹介されていたのか、『葉隠』の引用記事から探っていきましょう。

【講座スケジュール】
第1回 2月 9日(日)

講師陣

名前 高橋 恵美子
肩書き 本学非常勤講師・武蔵野学院大学教授
プロフィール 日本女子大学大学院文学研究科史学専攻博士課程後期修了。博士(文学)。
『中世結城氏の家伝と軍記』(勉誠出版、2010年)、「中世軍記史料における料紙表現」(湯山賢一編『古文書料紙論叢』所収、勉誠出版、2017年)等。
講座を申し込む 資料を請求する

関連講座

質問する

↑ページの先頭へ

© 2017 Second Academy Co.,Ltd All rights reserved.