検索:

トップ > 講座詳細


講座詳細情報

申し込み締切日:2019-07-13 / 日本史:その他教養 / 学内講座コード:316011e

織豊政権と徳川政権 ―その類似点と相違点を考える― 【連続講座】武士の権力論 第七弾

主催:武蔵野大学 生涯学習事業課武蔵野大学 千代田サテライト教室(東京都)]
問合せ先:武蔵野大学 生涯学習事業課 TEL:042-468-3222
開催日
7月14日(日)
講座回数
1回
時間
13:00~14:30
講座区分
1回もの 
入学金
 - 
受講料
1,500円
定員
20
補足
資料を請求する
※この講座の申し込みは既に締め切りました。

講座詳細

【講座内容】
織田信長と豊臣秀吉が天下人だった時代は、まとめて「安土・桃山時代」と呼ばれるのが一般的で、これは広く浸透していると思います。もう一つ、歴史学界などを中心に使われている「織豊政権」という呼び方もありますが、要するに、信長・秀吉の時代は合わせて一つにまとめることができるし、またそうすべきだと考えられているわけです。時間的連続性や人的類似性に加えて、どちらも短命で終わった政権であるという共通点もあるため、一見当然に思えるかもしれません。一方で「豊徳政権」などとは誰も言いません。豊臣と徳川の両政権の間には、あたかも大きな溝が存在するかのようです。では、本当に織田と豊臣はそれほどまでに似通っているのでしょうか。また織田・豊臣と徳川とでは決定的な差異があるのでしょうか。個人的には、実際には織田と豊臣には異質な点が多く、豊臣と徳川には多くの類似点があると考えています。もちろん相違していることも多々ありますが、徳川幕府は、秀吉によって初めて実施された政策をいくつも引き継いでいるのです。本講座では、三つの政権を比較検討してみようと思います。

【講座スケジュール】
第1回 7月14日(日)

備考

※日程、講座内容の変更、休講・補講等がある場合があります。
お申込の際は、リンク先の主催校のホームページをご確認下さい。

講師陣

名前 堀越 祐一
肩書き 國學院大學兼任講師、國學院大學研究開発推進機構客員研究員、立正大学非常勤講師
プロフィール 1966年茨城県生まれ。國學院大學文学部兼任講師・國學院大學研究開発推進機構客員研究員・立正大学文学部非常勤講師。
國學院大學大学院文学研究科博士課程後期日本史学専攻修了。博士(歴史学)。専門は日本中世史、とくに豊臣時代の政治史が主要な研究テーマ。著書に『豊臣政権の権力構造』(吉川弘文館、2016年)がある。2004年第五回日本歴史学会賞受賞。
資料を請求する

関連講座

質問する

↑ページの先頭へ

© 2017 Second Academy Co.,Ltd All rights reserved.