検索:

トップ > 講座詳細


講座詳細情報

申し込み締切日:2018-06-22 / 日本史:その他教養 / 学内講座コード:306011b

足利義満はなぜ朝廷を支配したか―果てしない内乱の終わらせ方― 【連続講座】 第五弾 武士の権力論

主催:武蔵野大学 社会連携センター武蔵野大学 千代田サテライト教室(東京都)]
問合せ先:社会連携センター学術事業事務室 TEL:042-468-3222
開催日
6月23日(土)
講座回数
1回
時間
13:00~14:30
講座区分
1回もの 
入学金
 - 
受講料
1,500円
定員
20
補足
資料を請求する
※この講座の申し込みは既に締め切りました。

講座詳細

【講座内容】
室町幕府3代将軍の足利義満は、「武士」と「公家」という二つの顔を持ち、史上初めて、将軍でありながら公家として朝廷(北朝)を完全に支配しました。彼の狙いは何か、そして彼は何を成し遂げたのか。彼の側近くで阿諛追従を強いられた公家と、彼に苛まれ続けた天皇の日記から、その真相に迫ります。
具体的には、『後円融院宸記』と一条経嗣の日記『荒暦』から、義満が朝廷の支配を推し進めていった具体相を、彼のやり方、朝廷の反応などに焦点を当てながら追ってゆき、何のために、何が達成されたのかを明らかにします。

* 全講座(7 回)お申込み9,000 円(全7 回)
* お好みの講座を選んでお申込み 1,500 円(1 講座につき)

【講座スケジュール】
第1回 6月23日(土)

備考

※定員の充足状況の変化や、休講・補講等がある場合があります。
お申込の際は、リンク先の主催校のホームページをご確認下さい。

講師陣

名前 桃崎 有一郎
肩書き 高千穂大学教授
プロフィール 平成19年3月 慶應義塾大学大学院文学研究科史学専攻(後期博士課程)単位取得退学、博士(史学)。
日本学術振興会特別研究員、立命館大学文学部講師などを経て現職。

主な著書:
『中世京都の空間構造と礼節体系』(思文閣出版、2010年)
『室町政権の首府構想と京都─室町・北山・東山─』(共編、文理閣、2016年)
『平安京はいらなかった─古代の夢を喰らう中世─』(吉川弘文館、2016年)
資料を請求する

講師陣の著書 (アマゾンWEBサービスを利用しております。)※一部一致しない場合がございます

幻想の京都モデル (中世学研究)
幻想の京都モデル (中世学研究)
中島圭一 (著)
桃崎有一郎 (著)
有木芳隆 (著)
伊藤裕偉 (著)
本間岳人 (著)
小川剛生 (著)
佐々木健策 (著)
木下 聡 (著)
福間裕爾 (著)
価格: (税込)
出版社:高志書院(2018-06-25)
平安京はいらなかった: 古代の夢を喰らう中世 (歴史文化ライブラリー)
平安京はいらなかった: 古代の夢を喰らう中世 (歴史文化ライブラリー)
桃崎 有一郎 (著)
価格: (税込)
出版社:吉川弘文館(2016-11-21)
中世京都の空間構造と礼節体系
中世京都の空間構造と礼節体系
桃崎 有一郎 (著)
価格: (税込)
出版社:思文閣出版(2010-03)

関連講座

質問する

↑ページの先頭へ

© 2017 Second Academy CO.,LTD All right reserved.