検索:

トップ > 講座詳細


講座詳細情報

申し込み締切日:2018-04-17 / 日本史:その他教養 / 学内講座コード:301062

【連続講座】史料から日本の歴史を考える 第5弾―全7回

主催:武蔵野大学 社会連携センター武蔵野大学 三鷹サテライト教室(東京都)]
問合せ先:社会連携センター学術事業事務室 TEL:042-468-3222
開催日
4月18日(水)~8日(水)
講座回数
7回
時間
15:00~16:30
講座区分
前期 
入学金
 - 
受講料
9,000円
定員
30
補足
資料を請求する
※この講座の申し込みは既に締め切りました。

講座詳細

【講座内容】
私たちが知っている歴史は、古文書、古記録、日記、編纂物、金石文、絵巻などの記述に基づいて構築されます。
ただし、史料は書かれていることを無批判に引用することはできません。その史料が本当に当時のものか、書かれている内容が真実を伝えているか。そうした史料批判をした上で、歴史を構築していきます。
本講座では、そうした史料批判の結果、何が読み取れるか。さまざまな視点から考察していきます。私たちが知っている歴史の根拠を考える講座です。

* 全講座(7 回)お申込み9,000 円(全7 回)
*お好みの講座を選んでお申込み 1,500円(1講座につき)

【講座スケジュール】
第1回 4月18日(水) 蓮如の書状(御文、御文章)を読む
第2回 5月16日(水) 神護寺蔵国宝『源頼朝像』『平重盛像』『藤原光能像』の人物比定について
第3回 5月23日(水) 『朝倉栄林壁書』を読む
第4回 6月20日(水) 榛名神社の勝軍地蔵の護符(ごふ)を考える
第5回 7月24日(火) 文学と史料のはざま~『太平記』と南北朝の争乱
第6回 7月25日(水) 戦国期の人身売買―「乱取り」という奴隷狩り
第7回 8月 8日(水) ハワイ・カラカウア王のアジア連合策と明治天皇

備考

※定員の充足状況の変化や、休講・補講等がある場合があります。
お申込の際は、リンク先の主催校のホームページをご確認下さい。

講師陣

名前 永村 眞
肩書き 日本女子大学名誉教授
プロフィール 早稲田大学政治経済学部卒、同大学院文学研究科中退、文学博士。東京大学史料編纂所中世史料部(助手、助教授)をへて日本女子大学文学部史学科(助教授、教授)で日本中世史を担当、平成27年度末で定年退職。平成21年度より28年度まで神奈川県立金沢文庫長を兼務。東大寺や醍醐寺・根来寺、高田専修寺等の寺院史料調査を通して、諸宗・諸寺において「日本仏教」が如何に受容されていたかを考えている。日本女子大学名誉教授、東大寺学術顧問、根来寺文化研究所理事、醍醐寺文化財研究所研究員。著書に『中世東大寺の組織と経営』(塙書房)、『中世寺院史料論』(吉川弘文館)、編著に『醍醐寺の歴史と文化財』(勉誠出版)、『中世の門跡と公武権力』(戎光祥出版)、『二宮町史』(現栃木県真岡市)等。角川源義賞・密教学芸賞を受賞。
名前 藤本 孝一
肩書き 龍谷大学客員教授・冷泉家時雨亭文庫調査主任
プロフィール 昭和20年東京生。法政大学大学院人文科学研究科日本史専攻博士課程修了。博士(文学)

法政大学文学部史学科助手、京都文化博物館学芸主任学芸員、文化庁文化財部美術学芸課主任調査官を歴任。平成17年より龍谷大学文学部客員教授。
現在、大本山随心院文化財顧問、冷泉家時雨亭文庫調査主任。

【業績目録】
〔著書〕
1『古写本の姿』(日本の美術、第436号、至文堂、平成14年刊)。
2『明月記 巻子本の姿』(日本の美術、第454号、至文堂、平成16年刊)。
3『定家本源氏物語 巻子本の姿』(日本の美術、第468号、至文堂、平成17刊)。
4『文書・写本の作り方』(日本の美術、第505号、至文堂、平成20年刊)。
5『中世史料学叢論』(思文閣出版、平成21年刊) 。
6『本を千年伝える 冷泉家蔵本の文化史』(朝日選書870、朝日新聞出版、平成22年刊)。
7『賀茂季鷹所蔵本古今和歌集下・紙背文書影印』(日本史史料研究会、平成26年刊)
8『国宝『明月記』と藤原定家の世界』(臨川書店、平成27年刊)
名前 漆原 徹
肩書き 本学教授
プロフィール 文学博士(史学)。慶應義塾大学文学部国史学科卒業、同大学院修士課程修了、博士課程単位取得終了。
武蔵野大学文学部教授・慶應義塾大学・同大学院・日本女子大学講師。日本古文書学会理事・編集委員長。東京都港区文化財保護審議員。
著書 『中世軍忠状とその世界』・吉川弘文館、『今日の古文書』第三巻・雄山閣、『日本法制史史料集』・慶應義塾大学出版会、『日本中世の政治と社会』吉川弘文館、『長野県上田市大字殿城字岩清水地区の総合歴史調査』科研報告書、『麻布善福寺蔵・亜米利加ミニストル旅宿記』港区教育委員会、『南北朝百話』二玄社など
名前 生駒 哲郎
肩書き 本学教養教育リサーチセンター研究員・東京大学史料編纂所非常勤職員
プロフィール 専門は日本中世宗教史、日本古文書学会編集・大会運営委員。立正大学大学院文学研究科史学専攻博士後期課程満期退学。
山梨県身延山久遠寺、大田区池上本門寺、石川県羽咋市妙成寺などの史料調査委員を経て、現在、武蔵野大学教養教育リサーチセンター研究員・東京大学史料編纂所非常勤職員・東京都渋谷区文化財審議員。
主要著書日本の名僧6『重源:旅の勧進聖』(共著 吉川弘文館)、『中世の寺院体制と社会』(共著 吉川弘文館)、『中世の寺院と都市・権力』(共著 山川出版社)、『山岳信仰と村落社会』(共著 岩田書院)など。
名前 高橋 恵美子
肩書き 武蔵野学院大学教授
プロフィール 日本女子大学文学部史学科卒業。同大学大学院文学研究科史学専攻博士課程後期修了。博士(文学)。現在、武蔵野学院大学国際コミュニケーション学部教授。専門は日本中世史、史料機能論。主要な著書に『中世結城氏の家伝と軍記』(勉誠出版、2010年)など。
名前 丸島 和洋
肩書き 慶應義塾大学非常勤講師・立教大学兼任講師
プロフィール 1977年大阪府生まれ、東京都調布市育ち。慶應義塾大学大学院文学研究科後期博士課程単位取得退学。博士(史学、慶應義塾大学)。
国文学研究資料館研究部特任助教などを経て現職。2016年度大河ドラマ「真田丸」時代考証。専門は日本中世史。主な著書に『戦国大名武田氏の権力構造』(思文閣出版、2011年)、『戦国大名の「外交」』(講談社選書メチエ、2013年)、『郡内小山田氏―武田二十四将の系譜―』(戎光祥出版、2013年)、『図説 真田一族』(同前、2015年)、『真田四代と信繁』(平凡社新書、2015年)、『真田一族と家臣団のすべて』(KADOKAWA新人物文庫、2016年)、『戦国大名武田氏の家臣団―信玄・勝頼を支えた家臣たち―』(教育評論社、2016年)、『真田信繁の書状を読む』(星海社新書、2016年)、『武田勝頼 試される戦国大名の「器量」』(平凡社、2017年)ほか。
名前 堀口 修
肩書き 元大正大学教授・元宮内庁書陵部編修課勤務
プロフィール 1949年東京生まれ。中央大学大学院文学研究科史学専攻博士課程満期退学。博士(史学)。宮内庁書陵部編修課を経て2011年4月から2016年3月まで大正大学文学部歴史学科教授。専門は日本近現代史。『明治立憲君主制とシュタイン講義―天皇、政府、議会をめぐる論議―』(慈学社出版、2007)、『宮内省の公文書類と図書に関する基礎的研究』(創泉堂出版、2011年)、『 金子堅太郎と国際公法会―日本の条約改正問題と国際社会―』(創泉堂出版、2013年)、『 関東大震災と皇室・宮内省』(創泉堂出版、2014年)、「明治天皇紀」編修と金子堅太郎(『日本歴史』第661号、2003年)、「昭和大礼記録」の編纂について(『明治聖徳記念学会紀要』復刊53号、2016年)、ほか。
資料を請求する

講師陣の著書 (アマゾンWEBサービスを利用しております。)※一部一致しない場合がございます

中世の門跡と公武権力
中世の門跡と公武権力
永村 眞 (著)
価格: (税込)
出版社:戎光祥出版(2017-06-08)
中世東大寺の組織と経営
永村 眞 (著)
価格: (税込)
出版社:塙書房(1989-03)
国宝『明月記』と藤原定家の世界 (日記で読む日本史)
国宝『明月記』と藤原定家の世界 (日記で読む日本史)
藤本 孝一 (著)
価格: (税込)
出版社:臨川書店(2016-08-02)
大島本源氏物語 別巻【プリントオンデマンド版】
大島本源氏物語 別巻【プリントオンデマンド版】
角田 文衛 (著)
室伏 信助 (著)
藤本 孝一 (著)
価格: (税込)
出版社:KADOKAWA/角川学芸出版(2013-05-24)
本を千年つたえる 冷泉家蔵書の文化史 (朝日選書)
本を千年つたえる 冷泉家蔵書の文化史 (朝日選書)
藤本 孝一 (著)
価格: (税込)
出版社:朝日新聞出版(2010-10-08)
中世軍忠状とその世界
中世軍忠状とその世界
漆原 徹 (著)
価格: (税込)
出版社:吉川弘文館(1998-06)
畜生・餓鬼・地獄の中世仏教史: 因果応報と悪道 (歴史文化ライブラリー)
畜生・餓鬼・地獄の中世仏教史: 因果応報と悪道 (歴史文化ライブラリー)
生駒 哲郎 (著)
価格: (税込)
出版社:吉川弘文館(2018-01-22)
関東大震災と皇室・宮内省
関東大震災と皇室・宮内省
堀口 修 (著)
価格: (税込)
出版社:創泉堂出版(2014-09)
金子堅太郎と国際公法会―日本の条約改正問題と国際社会
金子堅太郎と国際公法会―日本の条約改正問題と国際社会
堀口修 (著)
価格: (税込)
出版社:創泉堂出版(2013-09-01)
皇室皇族聖鑑
堀口修 (著)
価格: (税込)
出版社:クレス出版(2011-07)

関連講座

質問する

↑ページの先頭へ

© 2017 Second Academy CO.,LTD All right reserved.