検索:

トップ > 講座詳細


講座詳細情報

申し込み締切日:2018-07-26 / 文学 / 学内講座コード:301061f

漱石の紀行文『満韓ところどころ』を読む 連続講座【夏目漱石生誕150年記念】第2弾

主催:武蔵野大学 社会連携センター武蔵野大学 三鷹サテライト教室(東京都)]
問合せ先:社会連携センター学術事業事務室 TEL:042-468-3222
開催日
7月27日(金)
講座回数
1回
時間
13:00~14:30
講座区分
1回もの 
入学金
 - 
受講料
1,500円
定員
20
補足
講座を申し込む 資料を請求する

講座詳細

【講座内容】
明治42(1909)年、夏目漱石は、大連から釜山にかけて周遊します。「満韓ところどころ」は、漱石が東京に戻ってまもなく『朝日新聞』(東京・大阪)誌上で連載が開始される旅の記録です。満韓行は、漱石にとって二度目の海外旅行であり、やがて連載を終えて刊行される「満韓ところどころ」は、漱石唯一のまとまった形の紀行文です。
その評価をめぐっては毀誉褒貶があるのですが、なぜでしょうか?その謎を考えながら、本文とその背景を検討し、あらためて作品の楽しみ方をさぐり、共有できたらと思います。

※受講生の方は、何らかの形で「満韓ところどころ」本文を読んできてください(文庫、オンデマンド、キンドル、青空文庫、全集など)。

* 全講座(7 回)お申込み9,000 円(全7 回)
*お好みの講座を選んでお申込み 1,500円(1講座につき)

【講座スケジュール】
第1回 7月27日(金)

備考

※定員の充足状況の変化や、休講・補講等がある場合があります。
お申込の際は、リンク先の主催校のホームページをご確認下さい。

講師陣

名前 土屋 忍
肩書き 本学教授
プロフィール 早稲田大学政治経済学部、(株)電通社員、東北大学大学院助手(国際文化)、日本学術振興会特別研究員(国文学)を経て現職。文学博士。主著に 『南方徴用作家―戦争と文学―』 (共著、 1996年、世界思想社)、『近代の夢と知性』 (共編著、 2000年、翰林書房)、『〈外地〉日本語文学論』 (共著、 2007年、 世界思想社)、『松尾邦之助―長期滞在者の異文化理解―』 (編著、2010年、柏書房)、『武蔵野の教壇に立った文学者 土岐善麿・秋山駿・黒井千次』 (監修、 2011年、 武蔵野文学館)、『武蔵野に迷う 保谷・三鷹・小金井の作家たち』 (監修、2012年、武蔵野文学館)、『武蔵野文化を学ぶ人のために』 (編著、2014年、世界思想社)、『〈外地〉日本語文学への射程』 (共編著、2014年、双文社出版)などがある。
講座を申し込む 資料を請求する

講師陣の著書 (アマゾンWEBサービスを利用しております。)※一部一致しない場合がございます

南洋文学の生成 訪れることと想うこと (新典社研究叢書 242)
南洋文学の生成 訪れることと想うこと (新典社研究叢書 242)
土屋 忍 (著)
価格: (税込)
出版社:新典社(2013-09-03)
ライブラリー・日本人のフランス体験 第7巻 松尾邦之助
和田博文 (著)
土屋忍 (著)
価格: (税込)
出版社:柏書房(2010-02)

関連講座

質問する

↑ページの先頭へ

© 2017 Second Academy CO.,LTD All right reserved.