検索:

トップ > 講座詳細


講座詳細情報

申し込み締切日:2018-01-30 / その他教養 / 学内講座コード:293013

しあわせになる薬はあるか? 武蔵野大学しあわせ研究所 特別講座

主催:武蔵野大学 社会連携センター武蔵野大学 三鷹サテライト教室(東京都)]
問合せ先:社会連携センター学術事業事務室 TEL:042-468-3222
開催日
1月31日(水)
講座回数
1回
時間
15:00~16:30
講座区分
1回もの 
入学金
 - 
受講料
1,500円
定員
50
補足
資料を請求する
※この講座の申し込みは既に締め切りました。

講座詳細

【講座内容】
しあわせになる薬はあるのでしょうか?
「しあわせになる」という効能・効果の「医薬品」はありませんが、一般的な「薬」という意味では「Yes」かもしれません。
例えば、「百薬の長」で短期的にしあわせになる(!?)方もいます。また、しあわせな気分にさせたり、リラックスさせたりする物質が私たちの体内で作られています。
このような体内物質は、私たちの「こころとからだ」を上手く使うことで増やすことができます(=しあわせになる!?)。驚くべきことに、諸悪の根源と言われている精神的及び肉体的なストレスさえも体内物質の増加に役立ちます。
本講座では、この体内物質を増やす方法等について、具体的に、分かり易く、楽しく科学します。


【講座スケジュール】
第1回 1月31日(水)

備考

※日程、講座内容の変更、休講・補講等がある場合があります。
 お申込の際は、リンク先の主催校のホームページをご確認下さい。

講師陣

名前 大室 弘美
肩書き 本学教授
プロフィール 薬剤師、薬学博士。東京都の病院薬剤師、その後研究所研究員として勤務。
国立大学医学部薬理学教室助手を経て、厚生労働省及び出向先で医薬品の審査等に携わる。平成18年度より本学教授。お伝えしたい事は、「自分の身は自分で守る」、「知恵と知識(情報)がなければ、自分の身は守れない」。
資料を請求する

関連講座

質問する

↑ページの先頭へ

© 2017 Second Academy Co.,Ltd All rights reserved.