検索:

トップ > 講座詳細


講座詳細情報

申し込み締切日:2018-01-25 / 文学 / 学内講座コード:292070g

夏目漱石晩年の作品 ―『硝子戸の中』『道草』から『明暗』まで― 【連続講座】夏目漱石 生誕151年 ~漱石の魅力に迫る~(7)

主催:武蔵野大学 社会連携センター武蔵野大学 三鷹サテライト教室(東京都)]
問合せ先:社会連携センター学術事業事務室 TEL:042-468-3222
開催日
1月26日(金)
講座回数
1回
時間
13:00~14:30
講座区分
1回もの 
入学金
 - 
受講料
1,500円
定員
50
補足
講座を申し込む 資料を請求する

講座詳細

【講座内容】
小品ながら晩年の名品『硝子戸の中』は、漱石と彼の全作品における「総索引」的意味合いがあります。この講座では『硝子戸の中』を起点に、漱石自身の生い立ちやその後の彼を俎上にのせて書かれた『道草』の世界、そして最後の長編小説『明暗』の世界まで、苦難物語における漱石の人間観・人生観・死生観などを皆さんとみていきたい、と考えています。

※テキスト『硝子戸の中』『道草』(『明暗』はご持参自由とします)。
あらかじめ各自でご用意下さい。新たに購入なさる場合は「岩波文庫」版がおすすめですが、全集本や他社版をお持ちの方は、それをご利用下されば結構です。

【講座スケジュール】
第1回 1月26日(金)

備考

※日程、講座内容の変更、休講・補講等がある場合があります。
 お申込の際は、リンク先の主催校のホームページをご確認下さい。

講師陣

名前 竹田 日出夫
肩書き 本学名誉教授
プロフィール 1935年東京生まれ。早稲田大学大学院文学研究科修士課程修了。文学修士。武蔵野大学名誉教授。日本現代詩人会員、日本文芸家協会員、パレスティナ難民支援NGO「地に平和」会員。
著書に『渇仰と復活の挿画』『現代世界の暴力と詩人』『詩集 フィレンツェのムンク』『詩集 地中海』ほか。
講座を申し込む 資料を請求する

関連講座

質問する

↑ページの先頭へ

© 2017 Second Academy CO.,LTD All right reserved.