検索:

トップ > 講座詳細


講座詳細情報

申し込み締切日:2017-01-14 / 文学 / 学内講座コード:286066

古文書講座―武鑑をよむ

主催:武蔵野大学 社会連携センター武蔵野大学 千代田サテライト教室(東京都)]
問合せ先:社会連携センター学術事業事務室 TEL:042-468-3222
開催日
1月15日(日)~ 3月 5日(日)
講座回数
5回
時間
15:00~16:30
講座区分
後期 
入学金
 - 
受講料
7,500円
定員
30
補足
資料を請求する
※この講座の申し込みは既に締め切りました。

講座詳細

【講座内容】
武鑑とは、大名や旗本・御家人の収録されている名鑑で、江戸時代中期以降毎年刊行されていました。通常の武鑑は4巻からなっており、1巻は大大名(10万石以上)、2巻は小大名(10万石未満)、3巻は江戸城本丸の役人、4巻は江戸城西の丸の役人です。これに「御三家方御付」という御三家付家老の情報を記した巻が付く場合もあります。本講義では、江戸時代後期に出版された武鑑を内容別に取り上げ、これらを読み解いていくなかで江戸時代の武家社会を垣間見ていきたいと思います。

【講座スケジュール】
第1回 1月15日(日) 大大名編
第2回 1月29日(日) 小大名編
第3回 2月12日(日) 役職編(1)
第4回 2月26日(日) 役職編(2)
第5回 3月 5日(日) 西丸役人・御三家附家老編

講師陣

名前 滝口 正哉
肩書き 千代田区教育委員会文化財調査指導員
プロフィール 早稲田大学教育学部卒業。立正大学大学院文学研究科博士後期課程修了。東京都公文書館専門員を経て、千代田区教育委員会文化財調査指導員、および成城大学・武蔵大学・立正大学非常勤講師。博士(文学)。専門は近世都市史・文化史。著書に『千社札にみる江?の社会』(同成社)、『江?の社会と御免富─富くじ・寺社・庶?─』(岩田書院)。
資料を請求する

関連講座

質問する

↑ページの先頭へ

© 2017 Second Academy CO.,LTD All right reserved.