検索:

トップ > 講座詳細


講座詳細情報

申し込み締切日:2017-02-23 / 芸術 / 学内講座コード:282017

能・狂言こと始め ‐ 劇的な能を考える ―

主催:武蔵野大学 社会連携センター武蔵野大学 三鷹サテライト教室(東京都)]
問合せ先:社会連携センター学術事業事務室 TEL:042-468-3222
開催日
2月24日(金)~ 3月24日(金)
講座回数
3回
時間
15:00~16:30
講座区分
数回もの 
入学金
 - 
受講料
4,500円
定員
50
補足
資料を請求する
※この講座の申し込みは既に締め切りました。

講座詳細

【講座内容】
能の現行曲(現在のレパートリー)は約270曲あり、これら作品群を、上演順や登場する人物のキャラクターなどに沿って、五つのジャンルに分類する発想があります。
そのうち、生き別れになった親子が再会する物狂能や仇討をテーマとする作品など劇的な展開を遂げるジャンルに四番目物(雑能物とも)があります。
今回は、歌舞伎〈勧進帳〉の本説(原作)となった〈安宅〉、天王寺の彼岸会に父と子が再会する〈弱法師〉、近江国(滋賀県)守山の宿屋での仇討を描く〈望月〉という三曲について考えていきます(三浦裕子著『面白いほどよくわかる 能・狂言』32~33頁、54~55頁参照)。初めて受講なされる方にもわかりやすく講義を進めます。

【講座スケジュール】
第1回 2月24日(金) 四番目物の作品群を概観する、能〈安宅〉講読と鑑賞
第2回 3月10日(金) 能〈弱法師〉講読と鑑賞
第3回 3月24日(金) 能〈望月〉講読と鑑賞、 まとめ

備考

【教材】
『面白いほどよくわかる 能・狂言』日本文芸社 1,512円


※上記教材をお持ちでない方は、詳細ページよりご購入ください。

講師陣

名前 三浦 裕子
肩書き 能楽資料センター長・本学特任教授
プロフィール 東京芸術大学大学院音楽研究科修士課程修了。
能楽資料センター長。
著書に『能・狂言の音楽入門』、『初めての能・狂言』(共著)、『面からたどる能楽百一番』など。
資料を請求する

関連講座

質問する

↑ページの先頭へ

© 2017 Second Academy CO.,LTD All right reserved.