検索:

トップ > 講座詳細


講座詳細情報

申し込み締切日:2020-01-12 / 経営全般 / 学内講座コード:19210032

マネジメント層に求められるコンピテンシーの理解と開発

主催:明治大学リバティアカデミー明治大学リバティアカデミー 駿河台キャンパス(東京都)]
問合せ先:明治大学リバティアカデミー事務局 TEL:03-3296-4423
開催日
1月20日(月)、1月27日(月)、2月 3日(月)、2月10日(月)
講座回数
4回
時間
19:00~21:00
講座区分
後期 
入学金
3,000円
受講料
17,050円
定員
24
補足
講座を申し込む 資料を請求する

講座詳細

【講座趣旨】
現在大手企業を中心に、管理職や経営幹部に登用する人材の選抜手法の1つとして「ヒューマン・アセスメント」が活用されています。
ヒューマン・アセスメントは、マネジメント環境を想定した演習を通じて、管理職に求められる能力を複数の項目で多面評価するプログラムです。そしてその評価の際に基準となるのが「コンピテンシー」という、ハイパフォーマーに見られる行動特性です。このコンピテンシーの質を高めることが、マネジメント業務において継続的に成果をあげるための必須事項と言えます。本講座では、業種・業態を問わず移り変わりの激しいビジネス環境において企業の管理職に求められるコンピテンシーを「資質」「思考」「対人」に分類して体系的に学びます。
また、演習を通じてコンピテンシーレベルを棚卸し、自身のマネジメント能力の強み・弱みを把握します。

【特記事項】
【ジャンル】思考・実務
【講義レベル】基本~応用


■受講に際し、必ず入会と受講のご案内をご確認ください。

【講義概要】
第1回 1月20日(月) ■マネジメント層に求められる役割とコンピテンシーについて
■自身の能力傾向を知る(1) ~対集団活動におけるコンピテンシー~
概論講義:マネジメントの基本、マネージャーの役割
ミーティング・ファシリテーション演習~演習解説、自己・相互評価

第2回 1月 27日(月) ■自身の能力傾向を知る(2) ~業務遂行におけるコンピテンシー~
インバスケット案件処理演習、グループ討議、結果発表

第3回 2月3日(月) ■自身の能力傾向を知る(2) 振り返り
■自身の能力傾向を知る(3) ~課題設定におけるコンピテンシー~
インバスケット案件処理演習の振り返り、結果発表のフィードバック、解説
インバスケット課題抽出演習(グループワーク)、結果発表、解説、自己・
相互評価

第4回 2月10日(月) ■自身の能力傾向を知る(4) ~部下指導におけるコンピテンシー~
■今後の自己啓発に向けて
インタビュー・シミュレーション(部下面談)演習、解説、自己・相互評価
コンピテンシーレベルの棚卸し(最終評価)、自己啓発課題の設定

備考

【教材】
配付資料

※日程、講座内容の変更、休講・補講等がある場合があります。
 お申込の際は、リンク先の主催校のホームページをご確認下さい。

講師陣

名前 小川 智由
肩書き コーディネータ、明治大学商学部教授
プロフィール 明治大学商学部卒、明治大学大学院商学研究科博士課程単位取得。専門はマーケティング戦略論、物流・ロジスティクス論。専門の研究に加え「小売業の経営戦略」や、高齢社会に向けたエルダーマーケティングの展開に関心を寄せている。大学での教育・研究活動に並行して、民間企業の経営戦略の企画メンバーや、マーケティング戦略構築のチームメンバーとしての経歴を有する。
名前 梅村 紀彰
肩書き (株)エル・ブレイン代表取締役
プロフィール 印刷会社にてマーケティング事業部に所属し、新商品開発及び新規顧客開発業務に携わる。その後、(株)人材政策研究所の設立に携わり、取締役就任。船井総合研究所客員コンサルタントを兼務。1997年(株)エル・ブレインを設立し代表取締役就任。人事・営業・マネジメント領域のコンサルタントとして、企業のソリューション営業力強化、人材評価、他新卒から幹部層までの人材教育・能力開発支援全般に取り組む。特に、営業パーソンおよびマネージャー職の能力・コンピテンシー開発で高い評価を得ている。リクルートマネジメントソリューションズ公認インストラクター、マイナビ認定講師。
講座を申し込む 資料を請求する

関連講座

質問する

↑ページの先頭へ

© 2017 Second Academy Co.,Ltd All rights reserved.