検索:

トップ > 講座詳細


講座詳細情報

申し込み締切日:2019-11-26 / 経営全般:スキル / 学内講座コード:19210013

ケースで学ぶ企業分析入門 日産と航空産業の財務諸表を用いた企業分析の初歩から応用まで

主催:明治大学リバティアカデミー明治大学リバティアカデミー 駿河台キャンパス(東京都)]
問合せ先:明治大学リバティアカデミー事務局 TEL:03-3296-4423
開催日
12月 4日(水)、12月11日(水)、12月18日(水)、12月25日(水)、1月 8日(水)、1月15日(水)
講座回数
6回
時間
19:00~21:00
講座区分
後期 
入学金
3,000円
受講料
25,300円
定員
30
補足
講座を申し込む 資料を請求する

講座詳細

【講座趣旨】
本講義は、企業価値評価のための財務諸表分析の重要点について解説し、基本的な企業分析・企業評価の手法を身に着けることを目標とします。そのためにケースを用いて財務諸表の読み方から学習します。企業評価の立場から、財務諸表を読むには財務諸表作成者とは別の視点と知識が必要です。本講義では、まず企業価値とは何かを考えたうえで、企業評価の方法と手順を学習します。次に財務分析を行うにあたり3つの財務諸表(貸借対照表、損益計算書、キャッシュフロー計算書)の読み取り方と分析上の重要ポイントについて説明します。最後に、これら財務諸表の数値を用いた財務指標の分析について解説します。2つないし受講者の希望を生かした3つ目のケースを用いて、実践的な学習を行う予定です。

【特記事項】
【ジャンル】金融・会計・財務
【講義レベル】基本~応用
【履修証明プログラム対象講座】
履修証明制度とは、学校教育法第105条及び学校教育法施行規則第164条の規定に基づき、大学が教育や研究に加えてより積極的な社会貢献として、主として社会人向けに体系的な学習プログラムを開設し、その修了者に対して、法に基づく履修証明書を交付するものです。
明治大学リバティアカデミーは、「履修証明制度」利用による「女性のためのスマートキャリアプログラム」(スマキャリ)を開講しており、ビジネスプログラムのうち11科目がスマキャリとの相乗り講座となります。

■受講に際し、必ず入会と受講のご案内をご確認ください。

【講義概要】
第1回 12月 4日(水) 企業価値とは何か、企業分析の前提、財務諸表の読み方1
企業価値とは何かを考え、その上で企業分析を行うために必要な資料、分析視点、テキストなどを述べる。さらに貸借対照表の資産の読み取り方を学習する。

第2回 12月11日(水) 日産のケースを用いた財務諸表の読み方2と基本指標の解釈
日産のケースによる貸借対照表負債純資産、損益計算書の読み方を学習する。さらに基本指標の解釈と時系列分析について学習する。

第3回 12月18日(水) 日産のケースを用いた比率分析の解説
日産のケースを用いて収益性、活動性、財務安定性などの経営分析比率を学習する。

第4回 12月25日(水) 日本の航空産業のケースを用いた企業分析
日本の航空産業のケースを用いて、基本指標とセグメント別情報利用の注意点を学習する。

第5回 8日(水) 日本の航空産業のケースの続きと受講者の希望のケース
航空産業のケースにより比率分析の重要点を確認する。受講者の希望する業界企業を取り上げ、その業界企業を分析する上での重要点を解説する。

第6回 15日(水) 前回のケースの続きと、まとめ・質問
受講者の希望する業界企業の分析の続きと、受講者の質問に応える。

備考

【教材】
・配付資料

※日程、講座内容の変更、休講・補講等がある場合があります。
 お申込の際は、リンク先の主催校のホームページをご確認下さい。

講師陣

名前 山口 不二夫
肩書き 明治大学専門職大学院グローバル・ビジネス研究科教授
プロフィール 東京大学経済学部、同大学院博士課程で学ぶ。経済学博士(東京大学)。神奈川大学経済学部専任講師・助教授、青山学院大学専門職大学院国際マネジメント研究科教授を経て2004年明治大学大学院グローバル・ビジネス研究科教授。著書:『日本郵船会計史』(白桃書房)、『企業分析』(白桃書房)、『日本のビッグビジネス本田技研・三菱自動車』(共著、大月書店)、『私立大学の財政分析ができる本』(共著、大月書店)、『人材育成のための会計を考える』『青山マネジメントレビューVol.1』(日経BP社)、など多数。
講座を申し込む 資料を請求する

関連講座

質問する

↑ページの先頭へ

© 2017 Second Academy Co.,Ltd All rights reserved.