検索:

トップ > 講座詳細


講座詳細情報

申し込み締切日:2019-07-24 / デザイン・ファッション:その他教養 / 学内講座コード:19170024

【中野区立図書館連携講座】ソフトウェア×デザイン アイデアをカタチにするための文理融合クリエイティブ発想を学ぶ

主催:明治大学リバティアカデミー明治大学リバティアカデミー 中野キャンパス(東京都)]
問合せ先:明治大学リバティアカデミー事務局 TEL:03-3296-4423
開催日
8月 1日(木)
講座回数
1回
時間
13:00~14:30
講座区分
1回もの 
入学金
 - 
受講料
 - 
定員
40
補足
資料を請求する
※この講座の申し込みは既に締め切りました。

講座詳細

【講座趣旨】
文系のように発想し、理系のように行動する
コンピュータやインターネットを前提とした新しい社会を創り出す「デザイン」の力アップルやTwitter、マリオだって文系と理系の融合発想から生まれた

理系と文系で悩む人は多いと思います。中高生の皆さんはプログラミング=理系、デザイン=美大のようなイメージがあるかもしれません。しかし情報技術を中心とした世界では、こうした理系や美大などの分野の境界が曖昧です。そして「プログラミングができる」ことは今や当たり前のことであり、むしろそれをどう価値や体験に繋げるかが問われています。そこで産業界では「デザイン」の考え方や方法が導入され、企業のデザイン部門でも理系の人がたくさん働いている状況です。
総合数理学部先端メディアサイエンス学科は、プログラミングを中心に情報技術を学びそれを道具にしながら、文系的な発想でものづくりやソフトの価値を作り出すことを学べる場所です。本講座では、そうした現在の新しい流れや文系と理系発想の接点について紹介します。

【特記事項】
【申込方法】 事前予約制です(全席自由、先着40名)
「お電話」か「右上(もしくは右下)の赤いボタン」からお申し込みください。
TEL 03-3296-4423(平日10:30~19:00、土曜10:30~15:30)

■受講資格 中学生 高校生
■リバティアカデミーオープン講座は、会員の方以外でも受講いただけます。
※ただし、会員になることはできません。
■会場:明治大学 中野キャンパス1階交流ギャラリー
※中野キャンパスは、JR「中野」徒歩8分です。
■受講に際し、必ず入会と受講のご案内をご確認ください。
■開場:12:30予定 ※開場時間は、早まる可能性があります。

【講義概要】
第1回 8月 1日(木) ソフトウェア×デザイン
アイデアをカタチにするための文理融合クリエイティブ発想を学ぶ

講師陣

名前 渡邊 恵太
肩書き 明治大学総合数理学部 先端メディアサイエンス学科准教授
プロフィール 1981年東京生まれ。博士(政策・メディア)インタラクションの研究者。知覚や身体性を活かしたデザインや次世代家電のインタラクション手法の研究に従事。2009年慶應義塾大学政策メディア研究科博士課程修了。2010よりJST ERATO五十嵐デザインインタフェースプロジェクト研究員、東京都芸術大学非常勤講師兼任を経て2013年4月より明治大学総合数理学部先端メディアサイエンス学科専任講師、2016年より現職。
資料を請求する

関連講座

質問する

↑ページの先頭へ

© 2017 Second Academy Co.,Ltd All rights reserved.