検索:

トップ > 講座詳細


講座詳細情報

申し込み締切日:2018-04-02 / 世界史:その他教養 / 学内講座コード:18120057

スクリーンのなかへの旅 第二の旅 歴史と恋と戦いをめぐって

主催:明治大学リバティアカデミー明治大学リバティアカデミー 駿河台キャンパス(東京都)]
問合せ先:明治大学リバティアカデミー事務局 TEL:03-3296-4423
開催日
4月10日(火)、 4月17日(火)、 5月15日(火)、 5月22日(火)、 6月 5日(火)、 6月19日(火)、 6月26日(火)
講座回数
7回
時間
15:00~16:30
講座区分
前期 
入学金
3,000円
受講料
16,000円
定員
20
補足
資料を請求する
※この講座の申し込みは既に締め切りました。

講座詳細

【講座趣旨】
映画は人生を生き抜く情熱の証です。かつて見た懐かしい映画、見たかったが見逃していた映画、それらの作品にもういちど、あるいは今こそ、出会う場がここにあります。『七人の侍』『めまい』『雨月物語』など、名画にはらまれる汲めども尽きない奥深さについて語り合い、映画の魅力をぞんぶんに味わうことにしましょう。

【講義概要】
第1回 4月10日(火) 『めまい』
ヒッチコックの最高傑作!忘却の彼方から姿を現わした女の正体は?

第2回 4月17日(火) 『雨月物語』
戦乱の世に乗じひともうけをたくらんだ男がたどる奇怪で妖美な旅。

第3回 5月15日(火) 『真夜中の刑事』
イヴ・モンタン主演。自分で自分を追う男の苦悩。

第4回 5月22日(火) 『ローマの休日』
名作にはもっと深い意味がありました。

第5回 6月 5日(火) 『アラビアのロレンス』
運命に挑んだ若者を描く青春映画の壮大な傑作!

第6回 6月19日(火) 『ロビン・フッド』
悪代官と戦う伝説のヒーローがよみがえります。

第7回 6月26日(火) 『七人の侍』
確かに六人まではれっきとした侍でした。問題は七人目。だがその男があっと驚く活躍ぶりを見せるのです。

備考

【教材】
・配付資料
・立野正裕著『スクリーン横断の旅』(彩流社、2017年)1,800円+税
※教材は、駿河台三省堂で各自購入願います。

※定員の充足状況の変化や、休講・補講等がある場合があります。
お申込の際は、リンク先の主催校のホームページをご確認下さい。

講師陣

名前 立野 正裕
肩書き 明治大学名誉教授
プロフィール 福岡県生まれ。岩手県立遠野高校卒業後、明治大学文学部に入学。同大学文学部教員として英米文学と西洋文化史を研究。「道の精神史」を構想し、ヨーロッパへの旅を重ね続ける。著書に『精神のたたかい――非暴力主義の思想と文学』、『黄金の枝を求めて――ヨーロッパ思索の旅』、『世界文学の扉をひらく』(現在三巻まで刊行中)、『日本文学の扉をひらく』(第一巻刊行中)『紀行 失われたものの伝説』、『紀行 星の時間を旅して』、『洞窟の反響』、『未完なるものへの情熱』など。
資料を請求する

関連講座

質問する

↑ページの先頭へ

© 2017 Second Academy Co.,Ltd All rights reserved.