検索:

トップ > 講座詳細


講座詳細情報

申し込み締切日:2018-04-04 / 日本史:世界史 / 学内講座コード:18120025

古代日本と朝鮮渡来文化

主催:明治大学リバティアカデミー明治大学リバティアカデミー 駿河台キャンパス(東京都)]
問合せ先:明治大学リバティアカデミー事務局 TEL:03-3296-4423
開催日
4月12日(木)、 4月26日(木)、 5月10日(木)、 5月24日(木)、 6月14日(木)、 6月28日(木)、 7月12日(木)、 7月26日(木)
講座回数
8回
時間
17:00~18:30
講座区分
前期 
入学金
3,000円
受講料
20,000円
定員
50
補足
資料を請求する
※この講座の申し込みは既に締め切りました。

講座詳細

【講座趣旨】
古代朝鮮から渡来人が日本に住み着くようになるのは、4世紀後半から5世紀初期以降の時期とされるが、古くは縄文時代の終り、すなわち紀元前3世紀頃の弥生時代から定住したと考えられています。朝鮮半島からいち早く来日した渡来人の多くは京・近畿やその近隣に抱擁され、高度な学術や技芸、さらに労働力を日本の上代文化の発展のために寄与・提供し、彼らもまたその地域を新生活の場としたのであります。本講座では、古代日本と馬韓・百済との交流をめぐって、当時の日韓両国の歴史的背景や政治的・社会的影響などについて理解を深めて行きたいと思います。
今年度の「渡来人のルーツを訪ねて」(オプション・自由参加)は、馬韓と百済の遺跡を見学する予定です。

【講義概要】
第1回 4月12日(木) 魏志東夷伝の三韓と倭

第2回 4月26日(木) 三韓と倭の交流

第3回 5月10日(木) 馬韓伝「蘇塗」と祭祀儀礼

第4回 5月24日(木) 王仁の後裔氏族

第5回 6月14日(木) 百済の神仏信仰

第6回 6月28日(木) 百済漢城時代と倭の交流

第7回 7月12日(木) 栄山江流域の前方後円墳

第8回 7月26日(木) 古代日本における韓国

備考

【教材】
配付資料

※定員の充足状況の変化や、休講・補講等がある場合があります。
お申込の際は、リンク先の主催校のホームページをご確認下さい。

講師陣

名前 金 任仲
肩書き 明治大学文学部兼任講師
プロフィール 明治大学大学院文学研究科博士後期課程修了。博士(文学)。主な著書・論文に『西行和歌と仏教思想』(笠間書院)、『放浪、遍歴、乞食行脚』(創元社、共著)、『日本文芸思潮史論叢』(ぺりかん社、共著)、「古代日本と朝鮮渡来文化―高麗神社と聖天院をめぐって」(『文芸研究』109号、2009)、「西行における華厳思想と和歌」(『文芸研究』115号、2011)、「新羅僧義湘と善妙の説話」(『文芸研究』118号、2012)、「『唐法蔵致新羅義湘書』の書簡をめぐって」(『淵民学志』19輯、2013)など。
資料を請求する
質問する

↑ページの先頭へ

© 2017 Second Academy Co.,Ltd All rights reserved.