検索:

トップ > 講座詳細


講座詳細情報

申し込み締切日:2018-10-06 / 日本史:政治:その他趣味 / 学内講座コード:2413

皇居へ行ってみよう

主催:共立女子大学共立女子大学 神田一ツ橋キャンパス(東京都)]
問合せ先:共立アカデミー TEL:03-3512-9981
開催日
10/13(土)
13:30~14:00【ショートレクチャー】
14:00~15:30【学外ツアー】平川門→梅林坂→天守台
→大奥跡→石室→松の大廊下跡→富士見櫓→大手門・現地解散 
(※見学先が若干変更となる場合があります。)
講座回数
全1回
時間
13:30~15:30
講座区分
後期 
入学金
2,000円
受講料
2,000円
定員
20
補足
※この講座の申し込みは既に締め切りました。

講座詳細

共立女子大学の近くにある皇居。場所は知っていても、実際に行ったことがある人は意外に少ないと思います。もとは江戸城だった皇居東御苑には、歴史を体感できるポイントが沢山あります。江戸城の成り立ちから徳川氏の居城となり、現在の皇居に至るまでについてショートレクチャーで解説します。江戸城の由来、大奥は今はどうなっているのか。今回は江戸時代から残っている場所を巡ります。皇居にまつわる歴史と実際の現場を実体験してみましょう。

備考

・見学先が若干変更となる場合があります。
・歩きやすい靴・服装でご参加ください。
・雨天決行。荒天の場合は中止することがあります。
・ 90分程度歩きます。

講師陣

名前 白戸  満喜子(しとろ まきこ)
肩書き
プロフィール 共立女子大学大学院非常勤講師。博士(文学)。専門は江戸時代の文学や浮世絵などの出版史・書誌学。特に、書物や印刷物などに用いられた紙について研究している。約2 年半かけて、芭蕉の『おくのほそ道』(深川から大垣)と『鹿島詣』(深川から鹿島神宮)を歩いた。

関連講座

質問する

↑ページの先頭へ

© 2017 Second Academy Co.,Ltd All rights reserved.