検索:

トップ > 講座詳細


講座詳細情報

申し込み締切日:2021-10-22 / 文学:日本史:その他教養 / 学内講座コード:21B1602500

江戸のコミック・マンガ黄表紙を読む【ハイフレックス(録画あり)】

主催:神奈川大学神奈川大学 みなとみらいキャンパス(KUポートスクエア)(神奈川県)]
問合せ先:生涯学習エクステンション講座 TEL:045-682-5553
開催日
11月 5日(金)、11月12日(金)、11月19日(金)、12月 3日(金)、12月10日(金)、12月17日(金)
講座回数
6回
時間
15:00~16:30
講座区分
後期 
入学金
 - 
受講料
10,500円
定員
50
その他
9500(※料金は、神奈川大学生・卒業生等および横浜市交流協議会加盟大学在学生に適用される料金です)
補足
資料を請求する
※この講座の申し込みは既に締め切りました。

講座詳細

【講座内容】
武家作家で恋川春町とコンビで黄表紙の初期時代をリードしていった朋誠堂喜三二の佳作である『桃太郎後日噺』を読み、極めて単純な筋運びながら諧謔が嫌みなくストーリーを進行させている。武家作家たちの後を追って登場した山東京伝は、黄表紙が江戸の戯作界で最先端の読み物である文壇の流行を絵解きしてみせたのが:『御存商売物』である。大田南畝が絶賛したように江戸の戯作界の時流が敵討物のストーリーの中で面白く描かれている。これに比較し、寛政期になると理屈臭い内容の黄表紙が簇生し、その代表として曲亭馬琴の『无筆節用似字尽』を比較しながら読む。

【講座スケジュール】
第1回11月 5日(金) 『桃太郎後日噺』を読む
詳細:現代の学生が読んで一番楽しいと評する黄表紙を読む。
第2回11月12日(金) 『桃太郎後日噺』と『御存商売物』を読む
詳細:現代のイギリス・アメリカの日本文学研究者が一番参考になった面白い黄表紙と評した作品と、学生が読んで楽しいと評する黄表紙を読み較べる。
第3回11月19日(金) 『御存商売物』を読む
詳細:江戸風俗と照らし合わせながら、黄表紙作者山東京伝の出世作である作品の面白さを解説する。
第4回12月 3日(金) 『御存商売物』を読み文学史を解説する
詳細:江戸時代の文学史が通覧できるように作られた『御存商売物』を読み解きながら、江戸時代の文学史を通覧する。
第5回12月10日(金) 『无筆節用似字尽』を読み節用集と比較しながら解説する
詳細:曲亭馬琴の理屈に堕した黄表紙を読みながら、笑い作りの苦手だった馬琴が精一杯可笑性を求めた作品を鑑賞する。
第6回12月17日(金) 『无筆節用似字尽』と山東京伝の黄表紙を読み較べてみる
詳細:理屈の曲亭馬琴に対して笑いの山東京伝と対照的だが、両者の黄表紙を読み比べて、黄表紙の笑いと楽しさについて解説する。

備考

【備考】
ハイフレックス講座とは、対面による講座を、オンライン(Zoomによるライブ)により同じ時間に受講参加できる形態です。受講生の皆様はライフスタイルにあわせて対面、またはオンライン(ライブ)で講座に参加する事が出来ます。
例えば初回は対面で参加して、2回目の講義は自宅からライブで参加する事も可能です。また語学講座や一部講座を除き、講座は収録し、終了後に動画配信します。
※動画配信期間は、最終講座日から1週間です。
◆コロナウイルス感染症の状況により講座内容を変更する場合がございます。

講師陣

名前 棚橋 正博
肩書き 元早稲田大学大学院講師、元帝京大学大学院教授
プロフィール 早稲田大学大学院修了。文学博士(早稲田大学)。著書『山東京伝全集』(ぺりかん社)、『江戸マンガ 人魚なめ』(小学館)、『捏造されたヒーロー遠山金四郎』(小学館)、『山東京伝の黄表紙を読む一江戸の経済と社会風俗ー』(ぺりかん社)、『江戸のくらし風俗大事典』(柏書房)、『江戸の戯作絵本~黄表紙~』(社会思想社)、『笑いの戯作者十返舎一九』(新典社)、『江戸の道楽』(講談社)、『新編日本古典文学全集 黄表紙・川柳・狂歌』(小学館)、『江戸に花開いた「戯作」文学』(NHK 出版)、『弥次さん喜多さんの膝栗毛』(NHK 出版)
資料を請求する

関連講座

質問する

↑ページの先頭へ

© 2017 Second Academy Co.,Ltd All rights reserved.