検索:

トップ > 講座詳細


講座詳細情報

申し込み締切日:2020-10-21 / 哲学 / 学内講座コード:20A1606400

芸術の哲学I―映画

主催:神奈川大学神奈川大学 KUポートスクエア(神奈川県)]
問合せ先:生涯学習エクステンション講座 TEL:045-682-5553
開催日
11月 4日(水)、11月11日(水)、11月18日(水)
講座回数
3回
時間
15:00~16:30
講座区分
数回もの 
入学金
 - 
受講料
5,000円
定員
30
その他
4500(※料金は、神奈川大学生・卒業生等および横浜市交流協議会加盟大学在学生に適用される料金です)
補足
講座を申し込む 資料を請求する

講座詳細

【講座内容】
映画を観ても、何がいいのかさっぱりわからない。誰でも一度はこのような感想を抱いたことがあると思います。本講座では、「映画とは何か」という問題を考察していきます。ただ映画を観るのではなく、映画を哲学的に問うてみます。実際、映画について論じた哲学者の数は少なくありません。
そうした哲学者たちの思想をわかりやすく紹介しながら、映画とは何かを一緒に議論してみましょう。こうして映画という芸術について反省してみることは、普段から映画をより一層理解し、味わうための手助けにもなるはずです。

【講座スケジュール】
第1回11月 4日(水) 映画におけるリアリティーの問題
詳細:映画のなかのイメージは本物なのか、偽物なのか。アンドレ・バザン「写真映像の存在論」などのテクストを扱いながら、この問題について議論する。
第2回11月11日(水) 映画における表現の問題
詳細:イメージと言語は何が異なるのか。映像作品を観ながら、どのシーンに、どのような意味があるのかを受講者と共に議論する。
第3回11月18日(水) 映画における時間の問題
詳細:映画は優れて時間的な芸術である。だが、時間的とはどのようなことか。ベルクソンやドゥルーズの思想に触れてみる。

備考

※定員の充足状況の変化や、休講・補講等がある場合があります。
 お申込の際は、リンク先の主催校のホームページをご確認下さい。

講師陣

名前 持地 秀紀
肩書き 上智大学文学部フランス文学科研究補助員
プロフィール 上智大学大学院哲学研究科博士前期課程修了。専門はフランス哲学(ベルクソン研究)。
講座を申し込む 資料を請求する

関連講座

質問する

↑ページの先頭へ

© 2017 Second Academy Co.,Ltd All rights reserved.