検索:

トップ > 講座詳細


講座詳細情報

申し込み締切日:2020-08-19 / その他教養 / 学内講座コード:20A1603100

横浜学 【後期】 歩いてみたくなる地域近現代史

主催:神奈川大学神奈川大学 KUポートスクエア(神奈川県)]
問合せ先:生涯学習エクステンション講座 TEL:045-682-5553
開催日
9月 2日(水)、 9月 9日(水)、 9月16日(水)、 9月23日(水)、 9月30日(水)、10月 7日(水)
講座回数
6回
時間
13:00~14:30
講座区分
前期 
入学金
 - 
受講料
10,000円
定員
40
その他
9000(※料金は、神奈川大学生・卒業生等および横浜市交流協議会加盟大学在学生に適用される料金です)
補足
講座を申し込む 資料を請求する

講座詳細

【講座内容】
横浜学は、地名的な「横浜」だけを対象とするものではない。
横浜が世界史的な歴史の舞台に登場するのは、19世紀である。その後の流れと構造をみると、横浜を基点とする40キロの四方と後背地域は、横浜学の対象でなければならないであろう。
しかも、横浜港を中心に考えるならば、上海、香港、シンガポール、ボンベイ、リヨン、ロンドン、ハワイ、ニューヨーク、ウラジオストック、オーストラリア等の海外にも、その関係性と連関が浮かぶ。
本講義では、史資料にもとづき、横浜学の広さと奥深さ、おもしろさを味わう。はじめての方にもわかりやすく、それでいて核心に迫りたい。

【講座スケジュール】
第1回 9月 2日(水) 横浜学の初歩(2)
第2回 9月 9日(水) 野外の横浜学(3)(フィールドワーク)
※この回のみ午前中
第3回 9月16日(水) 映像の横浜学(2)
第4回 9月23日(水) 読みの横浜学(1)
第5回 9月30日(水) 野外の横浜学(4)(フィールドワーク)
第6回10月 7日(水) 読みの横浜学(2)

備考

【教材】
※テキスト 『横浜開港と境域文化』御茶の水書房
※教材費は受講料に含まれません。購入等については講座開始前にご案内します。

【備考】
※この講座の2回目・5回目はフィールドワークとなります。
(受講料には行事保険料を含みます)
※横浜学【前期】はこちら⇒ 歩いてみたくなる地域近現代史

※定員の充足状況の変化や、休講・補講等がある場合があります。
 お申込の際は、リンク先の主催校のホームページをご確認下さい。

講師陣

名前 内海 孝
肩書き 神奈川大学外国語学部非常勤講師、東京外国語大学名誉教授
プロフィール
講座を申し込む 資料を請求する

関連講座

質問する

↑ページの先頭へ

© 2017 Second Academy Co.,Ltd All rights reserved.