検索:

トップ > 講座詳細


講座詳細情報

申し込み締切日:2020-09-18 / 世界史:その他教養 / 学内講座コード:20A1602100

連続講義 失われた時をもとめて 世界史講義 II 【後期】 革命と戦争の時代20 世紀―希望と不幸の時代

主催:神奈川大学神奈川大学 KUポートスクエア(神奈川県)]
問合せ先:生涯学習エクステンション講座 TEL:045-682-5553
開催日
10月 2日(金)、10月 2日(金)、10月16日(金)、10月16日(金)、11月 6日(金)、11月 6日(金)、11月20日(金)、11月20日(金)
講座回数
8回
時間
10:00-11:30、13:00-14:30
講座区分
前期 
入学金
 - 
受講料
12,500円
定員
50
その他
11200(※料金は、神奈川大学生・卒業生等および横浜市交流協議会加盟大学在学生に適用される料金です)
補足
講座を申し込む 資料を請求する

講座詳細

【講座内容】
本講義は20世紀を取り扱います。20世紀は革命と独立、そして戦争と大量破壊の時代です。それは、やがてナチスの収容所による大量虐殺と、広島の原爆によって一つの時代の終焉を迎えます。戦後は、新しい社会主義国の登場、そして植民地からの解放独立が始まります。しかし、それは一方でヨーロッパからアメリカへと力がシフトした時代でもあります。
アメリカを含む先進国は、それに入らない社会主義圏とのし烈な競争を展開します。それが冷戦です。先進国は1989年、この戦いに勝利し、世界市場を独占します。しかし、それがやがて自らの地位を失う原因をつくりますが、20世紀の革命と戦争の時代は、とりあえず1991年に資本主義の勝利で終わります。

【講座スケジュール】
第1回10月 2日(金)
原爆と収容所
広島とアウシュヴィッツ
第2回10月 2日(金)
社会主義の拡大
第3回10月16日(金)
冷戦の始まり アメリカの時代
第4回10月16日(金)
戦後の復興
第5回11月 6日(金)
植民地の独立
第6回11月 6日(金)
ヴェトナム戦争
第7回11月20日(金)
アメリカの時代の陰り
ニクソンショック
第8回11月20日(金)
新自由主義と社会主義の崩壊

備考

【教材】
教科書 『大学生に語る 資本主義の200年』祥伝社新書
※教材費は受講料に含まれません。購入等については講座開始前にご案内します。

【備考】
※連続講義 「失われた時をもとめて」【前期】はこちら⇒ 世界史講義II

※定員の充足状況の変化や、休講・補講等がある場合があります。
 お申込の際は、リンク先の主催校のホームページをご確認下さい。

講師陣

名前 的場 昭弘
肩書き 神奈川大学教授
プロフィール 1952年生まれ。慶応義塾大学大学院経済学研究科博士課程修了。経済学博士。専門は社会思想史、とりわけマルクス。主要著書に『一週間de 資本論』『21世紀から見る「資本論」』(以上、NHK出版)、『超訳「資本論」』(全三巻、祥伝社新書)、『マルクスだったらこう考える』『ネオ共産主義論』(以上、光文社新書)、『とっさのマルクス』(幻冬舎)、『新訳 共産党宣言』(作品社)、『革命再考』(角川新書)など。
講座を申し込む 資料を請求する

関連講座

質問する

↑ページの先頭へ

© 2017 Second Academy Co.,Ltd All rights reserved.