検索:

トップ > 講座詳細


講座詳細情報

申し込み締切日:2020-12-06 / 日本史 / 学内講座コード:02FC16

最新研究から見た関ヶ原合戦

主催:敬愛大学敬愛大学 稲毛駅前センター(千葉県)]
問合せ先:敬愛大学 稲毛駅前センター フリーダイヤル 0120-077-420
開催日
12月18日(金)~12月25日(金)
講座回数
2回
時間
15:20~16:50
講座区分
後期 
入学金
 - 
受講料
3,800円
定員
10
補足
講座を申し込む 資料を請求する

講座詳細

関ヶ原合戦といえば、「天下分け目の戦い」として有名です。しかし、その実態は、映画、テレビ、小説などの俗説の影響力が強く、とても信用できるものではありません。そこには、後世の編纂物である二次史料が大きく作用しています。本講座では、慶長3年8月の豊臣秀吉の死を出発点として、関ヶ原合戦に至るまでの経緯を詳細に探っていきます。講義ではパワーポイントを用い、重要な史料を配布します。わかりやすく解説しますので、一緒に関ヶ原合戦について考えてみませんか。
【スケジュール】
第01回 12月18日(金) 西軍諸将の動向
第02回 12月25日(金) 東軍諸将の動向

講師陣

名前 渡邊 大門
肩書き ㈱歴史と文化の研究所代表取締役
プロフィール 2008年3月に佛教大学大学院で博士(文学)を取得後、戦国時時代を中心にした歴史研究、著作の執筆、講演に従事する。2015年10月、歴史と文化の研究所を設立し、代表取締役に就任。これまで執筆した著作(単著、共著含め)は、30冊以上。『歴史人』(KKベストセラーズ)などへの寄稿は多数    
講座を申し込む 資料を請求する

関連講座

質問する

↑ページの先頭へ

© 2017 Second Academy Co.,Ltd All rights reserved.