検索:

トップ > 講座詳細


講座詳細情報

申し込み締切日:2019-07-25 / 哲学 / 学内講座コード:01C24

私とは何か─近代自我論の系譜─

主催:敬愛大学敬愛大学 稲毛駅前センター(千葉県)]
問合せ先:敬愛大学 稲毛駅前センター フリーダイヤル 0120-077-420
開催日
08月09日~09月27日(金曜日)
講座回数
3回
時間
11:30~13:00
講座区分
数回もの 
入学金
 - 
受講料
5,400円
定員
15
補足
講座を申し込む 資料を請求する

講座詳細

〈私〉は他の何よりも身近なものですから、一見すると自明なもののようにも思えます。ところがあらためて考えてみるとこれほど深く謎めいたものもありません。現代において、〈私〉とは何かという問いはますます深刻なものになっています。にもかかわらず、かえってその捉え難さは増す一方であるようです。哲学の歴史において〈私〉というものをとりわけ深く考察したのは近代の哲学でした。それまでキリスト教の神の側から人間を理解してきた西洋文明が、そのようなキリスト教的世界観から脱し、人間としての〈私〉とは何なのかを問い続けたのが近代という時代でした。本講座では、デカルト、カント、フッサールという近代自我論を代表する哲学者を取り上げ、彼らが自我つまり〈私〉というものについてどのように考えたのかを辿ります。そこから、現代に生きる私たちが〈私〉について考えるためのきっかけを得られればと思います。
【スケジュール】
第01回 08月09日(金) 疑う私(デカルト)
第02回 08月16日(金) 知る私(カント)
第03回 09月27日(金) 体験する私(フッサール)

備考

※日程、講座内容の変更、休講・補講等がある場合があります。 お申込の際は、リンク先の主催校のホームページをご確認下さい。

講師陣

名前 橋詰 史晶
肩書き 早稲田大学非常勤講師
プロフィール 早稲田大学 文学研究科博士後期課程哲学コース卒業  2017年に早稲田大学文学研究科博士後期課程哲学コースを卒業文学(課程博士)受領 専門学校で非常勤講師として哲学を教える。専門分野はエトムント・フッサールの現象学を中心とするドイツ、フランスの現代哲学
講座を申し込む 資料を請求する

関連講座

質問する

↑ページの先頭へ

© 2017 Second Academy Co.,Ltd All rights reserved.