検索:

トップ > 講座詳細


講座詳細情報

申し込み締切日:2019-02-28 / 世界史:その他教養 / 学内講座コード:30FC17

ナチズムの記憶をたどる旅―史跡・記念碑からナチズムを考える

主催:敬愛大学敬愛大学 稲毛駅前センター(千葉県)]
問合せ先:敬愛大学 稲毛駅前センター フリーダイヤル 0120-077-420
開催日
2019/03/12~2019/03/26(火曜日)
講座回数
3回
時間
12:30~14:00
講座区分
後期 
入学金
 - 
受講料
5,400円
定員
20
補足
資料を請求する
※この講座の申し込みは既に締め切りました。

講座詳細

ドイツには、ナチスの歴史に関する史跡や記念碑、記念館が数えきれないほど存在します。強制収容所跡地など、当時の姿のまま史跡を保存している場合もあれば、記念碑を新たに建設している場合もありますが、いずれも、自国の負の歴史に取り組もうという戦後ドイツの意志の表れといえるでしょう。本講座では、関連する史跡や記念碑、記念館を紹介しながら、ナチスによる迫害や独裁体制がどのようなものだったのかを解説します。さらに、戦後ドイツがナチスの歴史にどのように向き合っているのか、その「過去との取り組み」の歴史についても、解説します。
【スケジュール】
第01回 03月12日(火) 戦後ドイツとナチスの過去―「過去との取り組み」の歴史概観
第02回 03月19日(火) 記憶を「遺す」:ナチズムをめぐる史跡・記念碑
第03回 03月26日(火) 記憶を「伝える」:ナチズムをめぐる記念館・歴史教育

講師陣

名前 紀 愛子
肩書き 早稲田大学非常勤講師
プロフィール 早稲田大学第一文学部 総合人文学科 西洋史専修卒業後
東京女子大学大学院 文学研究科 史学専攻 早稲田大学大学院 文学研究科 博士後期課程を修了
現在は早稲田大学 文化構想学部 非常勤講師として活躍中
資料を請求する

関連講座

質問する

↑ページの先頭へ

© 2017 Second Academy Co.,Ltd All rights reserved.