検索:

トップ > 講座詳細


講座詳細情報

申し込み締切日:2021-10-15 / 世界史 / 学内講座コード:26

ヒトと動物のヨーロッパ史(2)【Zoom講座】 19世紀と変わりゆく動物観

主催:学習院さくらアカデミー学習院さくらアカデミー オンライン(東京都)]
問合せ先:学習院さくらアカデミー TEL:03-5992-1040
開催日
10月16日(土)、11月20日(土)、12月11日(土)
講座回数
3回
時間
15:00~16:30
講座区分
数回もの 
入学金
 - 
受講料
9,900円
定員
30
補足
資料を請求する
※この講座の申し込みは既に締め切りました。

講座詳細

【講座内容】
「長い19世紀」のヨーロッパ、それは産業革命や市民革命といった激動の時代です。自然観や動物観もこの時代に大きく変容することでしょう。動物を集め、展示し、品種改良し、大量に消費しつつ、虐待から保護しようという、現代まで続くこのような態度はどのように生まれ、人びとに内面化されたのか、動物園、動物保護協会、ドイツの中流層の啓蒙を担った週刊誌『ガルテンラウベ』の記事などをもとにみていきましょう。

【講座スケジュール】
第1回 10月16日(土) 15:00~16:30 講師:後藤 秀和
 近代と動物への眼差しの変化(1)植民地獲得と動物園
第2回 11月20日(土) 15:00~16:30 講師:後藤 秀和
 近代と動物への眼差しの変化(2)動物保護と「危険な階級」
第3回 12月11日(土) 15:00~16:30 講師:後藤 秀和
 近代と動物への眼差しの変化(3)雑誌『ガルテンラウベ』の記事と動物「利用」意識

講師陣

名前 後藤 秀和
肩書き 慶應義塾大学講師
プロフィール 1997年学習院大学文学部史学科卒業。2000年学習院大学人文科学研究科史学専攻博士前期課程修了。元学習院大学文学部助手。専門はヨーロッパ近世近代社会史。テーマとしては食・動物・家畜・農村世帯構造など、地域としてはザルツブルク(オーストリア)に重点をおいて研究を進めている。慶應義塾大学、日本大学非常勤講師。「聖界領邦ザルツブルクとその世俗化」大津留厚・水野博子・河野淳・岩崎周一編『ハプスブルク史研究入門』(昭和堂)
資料を請求する

関連講座

質問する

↑ページの先頭へ

© 2017 Second Academy Co.,Ltd All rights reserved.