検索:

トップ > 講座詳細


講座詳細情報

申し込み締切日:2021-06-04 / 芸術・文化:絵画 / 学内講座コード:18

見て考えて楽しむ西洋美術【Zoom講座】 肖像画:4つの見どころ

主催:学習院さくらアカデミー学習院さくらアカデミー オンライン(東京都)]
問合せ先:学習院さくらアカデミー TEL:03-5992-1040
開催日
6月 5日(土)、 6月12日(土)、 6月19日(土)、 6月26日(土)、 7月 3日(土)
講座回数
5回
時間
15:00~16:30
講座区分
前期 
入学金
 - 
受講料
16,500円
定員
30
補足
資料を請求する
※この講座の申し込みは既に締め切りました。

講座詳細

【講座内容】
肖像画ってどれもこれも同じように見える、ただモデルが異なるだけ。肖像画の好き嫌いって、結局はモデル次第――なんて思っていませんか?それでは描いた画家に失礼です。この講座では、ヨーロッパの肖像画に求められた4つの目的――「写実と理想」「社会的属性」「内面性と個性」「造形性」に注目し、それらを達成するために画家たちがどのような努力を重ね、どのような技を繰り出してきたかを見てゆきます。それぞれの見どころを各1回検討した後、最終回ではそれら4つのポイントの総合評価から、ヨーロッパ肖像画の名作50点を選んでみます。

【講座スケジュール】
第1回 6月 5日(土) 15:00~16:30 講師:有川 治男
 写実と理想
第2回 6月12日(土) 15:00~16:30 講師:有川 治男
 描かれた人物の社会的属性
第3回 6月19日(土) 15:00~16:30 講師:有川 治男
 描かれた人物の内面性・個性
第4回 6月26日(土) 15:00~16:30 講師:有川 治男
 美術作品としての造形性
第5回 7月 3日(土) 15:00~16:30 講師:有川 治男
 総合評価:肖像画の名作50選

備考

【注意事項】
画像中心の講座となりますので、スマートフォンでの視聴には適しておりません。12インチ程度以上のタブレットかノートパソコン、あるいはPCモニターをご使用ください。

講師陣

名前 有川 治男
肩書き 学習院大学名誉教授
プロフィール 1979年東京大学大学院博士課程単位修得(美術史学)。在学中ミュンヘン大学留学。国立西洋美術館主任研究員をへて、1992年より学習院大学文学部助教授、96年より同教授。著書「カンディンスキー」「デューラー」「ベルリン美術館」など。近年の論文としては、ゴッホ、17世紀オランダ風景画について。学習院さくらアカデミー(旧・学習院生涯学習センター)では西洋美術の新しい見方全般について永年講座を担当している。
資料を請求する

関連講座

質問する

↑ページの先頭へ

© 2017 Second Academy Co.,Ltd All rights reserved.