検索:

トップ > 講座詳細


講座詳細情報

申し込み締切日:2018-06-29 / 日本史 / 学内講座コード:S02

宇和島伊達家400年の歴史 歴代藩主の宇和島への思い

主催:学習院さくらアカデミー学習院さくらアカデミー 目白キャンパス内 南1号館(東京都)]
問合せ先:学習院さくらアカデミー TEL:03-5992-1040
開催日
6月30日(土)
講座回数
1回
時間
13:00~15:00
講座区分
1回もの 
入学金
 - 
受講料
2,160円
定員
100
補足

講座詳細

【講座内容】
戦国の世、奥州仙台62万石の礎を一代で築き「独眼竜」と恐れられた伊 達政宗公の長男・伊達秀宗公は大阪冬の陣の功として、伊予国宇和郡の 領地10万石を拝領しました。翌1615年3月、精鋭「57騎」など家臣約 1200人を従え、宇和島に入部。このとき24歳。初代宇和島藩主の胸中 には何があったのでしょうか。宇和島を築いた伊達家入部から400年。 歴史や文化、宇和島の魅力を皆様にお伝えしていくと共に現在の宇和島 が抱える課題、そしてこれからの宇和島を考えていきたいと思います。


【講座スケジュール】
第1回 6月30日(土) 13:00~15:00 講師:伊達 宗信
 

講師陣

名前 伊達 宗信
肩書き 宇和島伊達家第十三代当主
プロフィール 1971年東京都目黒区生まれ 国士舘大学政経学部経済学科卒業。1997年
株式会社丸井入社、支店勤務を経て2006年同社本社勤務。2010年宇和島
伊達家12代当主の逝去に伴い退社。公益財団法人宇和島伊達文化保存会理事長。公益財団法人南豫奨学会理事長に就任。また、宇和島市内を中心に所有する不動産を管理する和宗起業株式会社 代表取締役に就任。現在は毎月、宇和島と東京を往復している。

関連講座

質問する

↑ページの先頭へ

© 2017 Second Academy CO.,LTD All right reserved.