検索:

トップ > 講座詳細


講座詳細情報

申し込み締切日:2018-07-31 / 芸術:その他教養 / 学内講座コード:55

西洋美術を見直す 絵画の内の工芸、絵画の外の工芸

主催:学習院さくらアカデミー学習院さくらアカデミー 目白キャンパス内 南1号館(東京都)]
問合せ先:学習院さくらアカデミー TEL:03-5992-1040
開催日
8月 1日(水)、 8月 2日(木)
講座回数
2回
時間
10:40~12:10
講座区分
数回もの 
入学金
 - 
受講料
6,480円
定員
40
補足
※この講座の申し込みは既に締め切りました。

講座詳細

【講座内容】
2017年冬期講座で扱った彫刻に続いて、今度はヨーロッパの工芸を見ます。と言っても、工芸全般となると範囲が広すぎて、とりとめがありません。そこで、皆さんも良く知っている西洋絵画に関連する工芸に的を絞ることにします。1回目は、絵画の内に入り込んだ工芸、絵画を取り込んだ工芸、あるいは絵画となった工芸として、モザイク、エマーユ、タピスリーなどを取り上げ、2回目は、絵画を外から縁取る工芸である「額縁」の歴史と重要性を考えてみます。

【講座スケジュール】
第1回 8月 1日(水) 10:40~12:10 講師:有川 治男
 工芸の技法で描く絵画
第2回 8月 2日(木) 10:40~12:10 講師:有川 治男
 たかが額縁、されど額縁

講師陣

名前 有川 治男
肩書き 学習院大学教授
プロフィール 1979年東京大学大学院博士課程単位修得(美術史学)。在学中ミュンヘン大学留学。国立西洋美術館主任研究員をへて、1992年より学習院大学文学部助教授、96年より同教授。著書「カンディンスキー」「デューラー」「ベルリン美術館」など。近年の論文としては、ゴッホ、17世紀オランダ風景画について。学習院さくらアカデミー(旧・学習院生涯学習センター)では西洋美術の新しい見方全般について永年講座を担当している。

講師陣の著書 (アマゾンWEBサービスを利用しております。)※一部一致しない場合がございます

名画への旅(14) 市民たちの画廊―17世紀4
高橋 達史 (著)
藤田 尚男 (著)
小林 頼子 (著)
尾崎 彰宏 (著)
藤田 治彦 (著)
有川 治男 (著)
価格: (税込)
出版社:講談社(1992-11)

関連講座

質問する

↑ページの先頭へ

© 2017 Second Academy CO.,LTD All right reserved.