検索:

トップ > 講座詳細


講座詳細情報

申し込み締切日:2017-01-18 / 茶道 / 学内講座コード:70

(冬)養生茶で楽しむ冬の中国茶・台湾茶・薬膳茶

主催:学習院さくらアカデミー学習院さくらアカデミー 目白キャンパス内 南1号館(東京都)]
問合せ先:学習院さくらアカデミー TEL:03-5992-1040
開催日
1月25日(水)、 2月22日(水)、 3月15日(水)
講座回数
3回
時間
15:30~17:00
講座区分
数回もの 
入学金
 - 
受講料
9,000円
定員
20
補足
※この講座の申し込みは既に締め切りました。

講座詳細

【講座内容】
古代より、お茶は薬として飲まれ様々な効能があると考えられています。毎回、中国・台湾より直送の新茶、体調体質に合わせた養生茶等、講師が厳選した特級茶を3~5種類講師手作りのお茶に合わせた養生スイーツと共に楽しみます。季節や体調に合わせてお茶を選び美味しく淹れることができるようになります。中国・台湾各地の茶館・お茶作りの現場、日常の写真等の資料もご覧いただき、現地のお茶事情を体感します。ご一緒にお茶の旅に出掛けましょう。(一年を通してご受講頂いた場合、希望者は講師が認証する初級認定証の取得も可能です。)

【講座スケジュール】
第1回 1月25日(水) 15:30~17:00 講師:登喜 藍泉雅
 烏龍茶(大陸1)、紅茶 グラス・茶壺を使った茶芸表演・実習
第2回 2月22日(水) 15:30~17:00 講師:登喜 藍泉雅
 烏龍茶(台湾1)、黒茶 蓋椀を使った茶芸表演・実習
第3回 3月15日(水) 15:30~17:00 講師:登喜 藍泉雅
 烏龍茶(大陸2、台湾2)、黄茶、白茶、緑茶 茶席設計

備考

【注意事項】
*講習で使用する茶葉は、よりよい茶葉が入手できた場合、変更することがございます。

講師陣

名前 登喜 藍泉雅
肩書き 中国茶・薬膳茶研究家、中国政府認定茶芸技師
プロフィール 日本で数少ない中国の国家資格である中国人民共和国職業資格茶芸2級「茶芸技師」認定者。1990年頃より台湾・杭州・北京において中国茶・薬膳茶・中国茶文化・中国茶芸について学ぶ。2004年杭州にて中級茶芸師(4級)、2006年北京にて高級茶芸師(3級)習得、日本での中国茶文化に対する普及活動が認められ茶芸技師(2級)の資格試験受験が許可される。同年、茶芸技師資格試験合格、2009年認定。横浜大世界での中国茶コーナーの企画・監修。横浜三溪園・六義園での音楽茶会。杭州・北京への茶芸師資格習得ツアーの企画、杭州・台湾へのお茶の旅の企画。中国からお茶の先生方を招いての日中文化交流茶会の開催等、日本と中国の文化交流の為に活動中。登喜茶文化藝術研究会代表、東白楽文化藝術サロン「風雅茶趣」主催。
質問する

↑ページの先頭へ

© 2017 Second Academy CO.,LTD All right reserved.