検索:

トップ > 講座詳細


講座詳細情報

申し込み締切日:2020-03-02 / 文学:芸術:その他教養

「源氏物語 帚木・空蝉の巻を読む」(通年講座)

主催:同志社大学同志社大学東京サテライトキャンパス(東京都)]
問合せ先:同志社大学 東京オフィス TEL:03-6228-7260
開催日
4/9, 5/14, 7/9, 8/20, 9/10, 10/8,
11/12, 12/10, 1/14, 3/11(木)
講座回数
10回
時間
14:00〜15:30
講座区分
通年 
入学金
 - 
受講料
30,000円
定員
100
その他
10回一括のみ
補足
講座を申し込む

講座詳細

帚木・空蝉の巻の魅力
『源氏物語』第一帖・桐壺の巻は、光源氏が元服して結婚した12歳で終わり ます。第二帖・帚木(ははきぎ)の巻では光源氏は17歳になり、複数の女性と交際しています。けれども相手は、光源氏と同じ上流階級の女君ばかりです。帚木の巻の前半は有名な「雨夜の品定め」です。そこでは中流階級の女性と付き合っていた男性の体験談が、光源氏に披露されました。それまで貴族の娘しか知らなかった光源氏にとって、どの話も新鮮でした。しかも、大勢の女房達にかしずかれて、欠点も隠されている上流貴族の女君とは異なり、中流階級の女性は生き生きと語られ、光源氏は急に関心を持つようになりました。帚木の巻の後半と、それに続く空蝉の巻では、光源氏が初めて中流階級の女性と知り合うさまが描かれています。今回は二人の出会いから読み始めます。

~これからの読みどころ~
「雨夜の品定め」のあと、光源氏は「方違へ」(かたたがえ)を利用して、家来の住居に移動します。そこで偶然出会った空蝉(うつせみ)という女性と深い仲になります。空蝉に夢中になった光源氏は再び会いに行きますが、今度は空振りでした。光源氏は初対面の女性をどのように口説き、空蝉は高貴な男性をどのようにして断ったの か。二人の駆け引きを読んでいきましょう。(岩坪 健記)


備考

教材: 「大島本源氏物語 帚木・空蝉」
増田繁夫(編)和泉書院 1,650 円(税込み)
* 教材はご自身でご用意ください。

会場:同志社大学東京サテライト・キャンパス セミナー室

- 各講座に関する注意事項 -
○各講座とも定員になり次第、受付を終了いたします。
○受講料のお支払い 事前振込み制の講座以外は初回に受付でお支払いください。 受付でのお支払いは現金のみです。開講後もしくは振込み後は受講料の払い戻しはいたしません。
○事前振込み 開講決定次第「、振込み依頼書」を郵送いたします。指定日までにお振込みください。 期日までに入金が確認できない場合は受講いただけません。ご入金後1週間を目安に「受講票」をお送りします。
○開講のご案内 事前振込み制以外の講座は、開講決定後「受講票」をお送りします。受講票(ハガキ)は1講座1枚です。万が一、 開講できない場合は初回の1週間前までにお申込みいただいた方にご連絡いたします。
○受講時の注意事項 講義の録音、録画、講義中の写真撮影はご遠慮ください。録音は講師から許可があった場合のみ許可いた します。講義中は携帯電話の電源を切っていただくか、マナーモードにしてください。
○休講・補講
1、講師の都合および事故、台風、天災、交通機関ストライキ等によりやむを得ず休講する場合があります。
2、休講および補講の連絡は、事前に決定した場合は講座会場で、欠席の方にはメール等でお伝えいたします。
3、突然の天変地異や事故等により休講が当日決まった場合は、同志社大学HPに掲載し、メールもしくは電話にてお知らせします。
4、休講した講義の補講は、日時が決まり次第メール等でお知らせします。
○受講キャンセル、当日の欠席
1、お申込み後にキャンセルされる場合は、同志社大学東京オフィスまで電話、メールで連絡してください。
2、お支払い後にキャンセルされた場合、受講料の払い戻しはいたしません。
3、講座を欠席された場合、後日その日に配布された資料をお渡ししますのでお申し出ください。
4、事前の欠席連絡を要する講座につきましては、講座初回にご案内します。

講師陣

名前 岩坪 健(いわつぼ たけし)
肩書き 同志社大学文学部 教授
プロフィール 文学博士。1957年京都市生まれ。
1981年京都大学文学部国語学国文学科卒。1989年大阪大学大学院文学研究科博士後期課程単位取得退学。1991年「源氏物語古注釈の研究 ー 中世源氏学の流れー」で文学博士。1989年「源氏物語の二段階伝授について−河内方と四辻善成・一条兼良をめぐって」で第16回日本古典文学会賞受賞。2014年『源氏物語の享受 注釈・梗概・絵画・華道』で第15回紫式部学術賞を受賞。
著書:源氏物語といけばな(平凡社/2019)『三玉挑事抄』注釈 (研究叢書)(和泉書院/2019)など他多数。
講座を申し込む

関連講座

質問する

↑ページの先頭へ

© 2017 Second Academy Co.,Ltd All rights reserved.