検索:

トップ > 講座詳細


講座詳細情報

申し込み締切日:2019-05-08 / 文学:その他教養 / 学内講座コード:63A18

万葉集を読む ――巻二相聞部を読む――

主催:獨協大学獨協大学(埼玉県)]
問合せ先:エクステンションセンター TEL:048-946-1678
開催日
5月11日~12月7日(土)
講座回数
全10回
時間
13:35~15:05
講座区分
前期 
入学金
 - 
受講料
22,000円
定員
45
その他
新規会員のみ会員登録費2000円
補足
※この講座の申し込みは既に締め切りました。

講座詳細

【講座概要】
万葉集は、歌を配列していくことによって、「固有の歴史」を描こうとしています。
「固有の歴史」とは、天智天皇・天武天皇両方の血脈を引く、草壁皇子・文武天皇・聖武天皇
こそが正統な天皇であり、その統治によって国家は繁栄するというものです。巻二相聞部の
歌を読みながら、万葉集巻二の描く「固有の歴史」とはどのようなものかを考えていきます。

【講座スケジュール】
❶ 5月11日吉野川行く瀬の早みしましくも淀むことなくありこせぬかも(2/119)
❷ 5月25日たけばぬれたかねば長き妹が髪このころ見ぬに掻き入れつらむか(2/123)
❸ 6月1日遊士と我れは聞けるをやど貸さず我れを帰せりおその風流士(2/126)
❹ 6月29日我が聞きし耳によく似る葦の末の足ひく我が背つとめ給ぶべし(2/128)
❺ 7月6日古りにし嫗にしてやかくばかり恋に沈まむたわらはのごと(2/129)
❻ 9月28日丹生の川瀬は渡らずてゆくゆくと恋痛し我が背いで通ひ来ね(2/130)
❼ 10月12日石見のや高角山の木の間より我が振る袖を妹見つらむか(2/132)
❽ 10月26日青駒が足掻きを早み雲居にぞ妹があたりを過ぎて来にける(2/136)
❾ 11月9日な思ひと君は言へども逢はむ時いつと知りてか我が恋ひずあらむ(2/140)
❿ 12月7日巻二相聞部の「歴史」

備考

テキスト:プリントを配付します

講師陣

名前 福沢 健
肩書き 獨協大学講師
プロフィール 専門/上代文学
國學院大学大学院文学研究科博士課程後期単位取
得。学生時代から、上代文学、特に万葉集と古事
記を中心に研究

関連講座

質問する

↑ページの先頭へ

© 2017 Second Academy Co.,Ltd All rights reserved.