検索:

トップ > 講座詳細


講座詳細情報

申し込み締切日:2018-05-09 / その他教養 / 学内講座コード:63A25

合戦の日本史  ――蒙古襲来――

主催:獨協大学獨協大学(埼玉県)]
問合せ先:エクステンションセンター TEL:048-946-1678
開催日
5/12~12/8(土)
講座回数
全10回
時間
13:15~14:45
講座区分
通年 
入学金
 - 
受講料
21,000円
定員
30
その他
新規会員のみ会員登録費2000円
補足
資料を請求する
※この講座の申し込みは既に締め切りました。

講座詳細

【講座概要】
13世紀後期の日本の社会を蒙古襲来を中心に観察します。今日につながる日本人の文化が蒙古襲来を画期にはじまったことを理解します。

【講座スケジュール】
1. 5月12日 モンゴル帝国の「世界」  クビライ国書、博多に到来 拡大するモンゴルウルス(国家) 陸の帝国から海の帝国へ
2. 5月26日 「世界」の吸引力  帝国、朝鮮を併呑 日本招諭 日本の対応 三別抄 「高麗牒状」 「国家」の力と論理
3. 6月9日 「世界」に身構える日本  幕府内の権力=得宗・時宗の登場 京・鎌倉の変事 九州へ下る東国武士
4. 6月23日 異なる戦争の作法  対馬・壱岐・博多 地響きする九州軍勢 炸裂する「てつはう」 怖気づく武士
5. 7月7日 戦力のちがい  「弓箭の道、先をもって賞とす」 「鎧」を着る者 武者の兵具 日本の軍勢とモンゴルの軍隊
6. 10月6日 外征計画の挫折  国土荒廃した高麗へ 船は外征に耐えたか 日本に戦船はない 中世の船は民間で作られる
7. 10月20日 モンゴル帝国の海上軍事力  鷹島沈んだ南宋船 イスラム商人が造った船 中国戦船のいろいろ 水密艙と船底の構造
8. 11月10日 異国警固と石築地(1)  要害警固指令 石築地役の開始 外征中止、石築地構築に力を集中
9. 11月17日 異国警固と石築地(2)  武士の警固場所 京都が危ない 山陽・南海両道の兵力
10. 12月8日 有無を言わせぬ戦時統制  東大寺僧が九州で見たもの 交通要衝を掌握 本所一円地の住人動員





備考

テキスト: 蒙古襲来 (新井孝重著/吉川弘文館) 2,500円+税

講師陣

名前 新井 孝重
肩書き 獨協大学教授
プロフィール 専門/日本社会史
早稲田大学大学院博士課程修了。博士(文学)。2004年中国長期滞在、蒙古襲来関連の史資料を博捜・調査する。著書『中世悪党の研究』、『蒙古襲来』(以上吉川弘文館)、『黒田悪党たちの中世史』(NHKブックス)、『日本中世合戦史の研究』(東京堂出版)など
資料を請求する

関連講座

質問する

↑ページの先頭へ

© 2017 Second Academy Co.,Ltd All rights reserved.