検索:

トップ > 講座詳細


講座詳細情報

申し込み締切日:2017-01-18 / 芸術:その他教養:その他趣味 / 学内講座コード:S11270W

能狂言に親しむ ー狂言入門と能「羽衣」謡いの実演鑑賞ー

主催:文教大学生涯学習センター文教大学湘南キャンパス(神奈川県)]
問合せ先:生涯学習センター TEL:048-974-8811(代)
開催日
1/19(木)~3/16(木)
講座回数
全5回
時間
13:20~14:50
講座区分
数回もの 
入学金
 - 
受講料
7,900円
定員
35
その他
(テキスト代別途)
補足
※この講座の申し込みは既に締め切りました。

講座詳細

世界無形文化遺産となった能楽--能狂言の5回講座ですが、前半3回は狂言を扱います。まずは、京都観光を計画されている方々が“ただで楽しめる名所旧跡”や“名刹にも蘊蓄を知って訪れる楽しみ”を、狂言を通してお教えいたします。十五年間京都に住んだ講師が、600年以上の星霜に耐えた“笑い”の芸術を、京都案内と組み合わせて入門的にご紹介します。残る2回は、世界的にも有名な能「羽衣」を扱います。能「羽衣」の詞章を寧に読み解いたあと、プロの能楽師であるワキ方福王和幸師をお招きし、講師の司会進行のもと、「羽衣」のワキのせりふや主要な謡い部分を実演していただきます。生のお謡いを聴くことで、ことばの本来的に持つ力、日本語の自然な抑揚が芸術的なメロディーに昇華する一瞬一瞬を、ご自分の耳で確かめてみませんか。それは、きっと、私たちの日常のことばに対する姿勢をも変えていくことでしょう。

【講座日程】
1. 1/19 狂言入門:狂言で「春の京都案内」
2. 2/16 狂言入門:狂言で「秋の京都案内」
3. 2/23 いつでも楽しめる狂言(ビデオ鑑賞あり)
4. 3/2 能「羽衣」の詞章を丁寧に読み解く(資料配付あり)
5. 3/16 能楽師ワキ方福王和幸師をお招きし、講師の司会進行のもと、能「羽衣」の謡い実演を聴く

備考

『ことばから迫る狂言論-理論と鑑賞の新視点-』 小林 千草著・千 草子著(武蔵野書院)(価格予定)2,571円(税込)
※テキストは生涯学習センターで一括注文します。テキストの注文希望について、入力フォームの【ご質問など】の欄に★必ず★「テキスト希望」または「テキスト不要」のどちらかを明記してください。講座初日に厚生棟1階学内購買部にてご購入ください。
※4名未満の場合は非開講になることがあります。

講師陣

名前 小林 千草
肩書き 文教大学非常勤講師
プロフィール 元東海大学文学部教授。博士(文学)東北大学。1985年に佐伯国語学賞を、2002年に新村出賞を受賞。主な著書:『天草版平家物語を読む 不干ハビアンの文学手腕と能』(東海大学出版部)、『女ことばはどこへ消えたか?』(光文社新書)、『「明暗」夫婦の言語力学』(東海教育研究所)、『伊達政宗、最期の日々』(講談社新書)など。作家千 草子(せん・そうこ)としても、『寺田屋異聞 有馬新七、富士に立つ』『ハビアン』『南蛮屏風の女と岩佐又兵衛』『翠子(すいこ)清原宣賢の妻』『室町を歩いた女たち』など活躍中。なお、能・狂言に関する著作や講演も多い。

講師陣の著書 (アマゾンWEBサービスを利用しております。)※一部一致しない場合がございます

『大かうさまぐんき』を読む: 太田牛一の深層心理と文章構造 (東海大学文学部叢書)
『大かうさまぐんき』を読む: 太田牛一の深層心理と文章構造 (東海大学文学部叢書)
小林 千草 (著)
価格: (税込)
出版社:東海大学出版部(2017-02-20)
幕末期狂言台本の総合的研究: 大蔵流台本編
幕末期狂言台本の総合的研究: 大蔵流台本編
小林 千草 (著)
価格: (税込)
出版社:清文堂出版(2016-10-25)
『天草版平家物語』を読む: 不干ハビアンの文学手腕と能 (東海大学文学部叢書)
『天草版平家物語』を読む: 不干ハビアンの文学手腕と能 (東海大学文学部叢書)
小林 千草 (著)
価格: (税込)
出版社:東海大学出版部(2015-07-01)

関連講座

質問する

↑ページの先頭へ

© 2017 Second Academy CO.,LTD All right reserved.